2016年の発電量等データ(過年度比較)

 我が家の太陽光発電装置"Needy Power Plant"を設置してから6年が経過した。2016年の発電量等のデータを過年度と比較してみる。
2016発電量
 先ずは発電量のデータである。昨年の発電量は6,170kwhと過去6年間では4位の成績にとどまった。月別に分析すると、8月は平年(過去5年、以下同)に比べ大きく上回ったものの、いつもなら最大発電量を記録する6月や9月といった稼ぎ月で平年を下回った。もちろんこれは天候の影響でやむを得ない。

2016売電量
 次は収入に直結する売電量である。これも同じく過去4位、発電量のグラフと相似形である事が分かる。

2016消費量
 三つ目、我が家の年間消費電力量のグラフであるが、これは過去最大の15,945kwhを記録した。グラフを見てえっ、去年の倍以上なの?とは思わないでほしい。縦軸横軸の交点は0ではないので。このデータも月毎に見ると、平年を下回ったのは1〜4月のみ、他の月は全て平年を少しづつ上回っていて、特に11月が大きかった。3人の息子達が成長するにつれ、台所や風呂、そして各部屋での電気使用量が増えている事が原因と思われるが、この後もまだ増え続けるであろう。11月は寒かったから床暖の消費量の増加だと思われる。

2016買電量
 四つ目は東北電力から購入している電力量、これも当然過去最大である。

2016収入
 そして最後に収入のグラフ、東北電力への売上は196,752円でわずかに20万円の大台に届かなかったが、過去3位の記録となった。ちなみに”自家消費”とは「消費量」ー「買電量」の電力量を金額に換算したものである。
 初期投資の回収率はこの”自家消費”を加えると59.4%、”売上”だけだと45.0%である。48円/kwhで買ってくれる東北電力との契約はあと4年足らず、さてこの先はどうなるか?


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

1月なのにロードトレーニング

 1月8日(日)、快晴。運動不足のせいか最近太ってきた。自称ベスト体重68kg、71kgまでが許容範囲だったが、今はそれを2kgも上回る73kgである。太って着られなくなった服など全然無い!というのが自慢であったが最近どうもズボンがきつい。当然である。


Collage_Fotor_2017010818561307c.jpg
 運動不足解消のため車庫の中でローラー台トレーニングを、と考えたが道路に雪はない。こりゃ外で自転車に乗れるではないか。ということで羽後町まで往復32kmのロードトレーニングに出かけた。寒さ対策は万全。フリースのジャージを着込み、ヘルメットの下にはキャップをかぶる。ゴア・ウインドストッパーのグローブに同じくシューズカバー。シューズカバーまで使うのは何年ぶりか。走り出すと露出している顔と耳がちべた〜い!外気温は2〜7℃しかなかったからなあ。1ヶ月ぶりなのでスローペースで走る。濡れた路面は要注意、端っこはまだ凍っている箇所もあった。それでも天気が良くって気持ちいい。鳥海山、焼石岳に真昼岳、彼方に秋田駒まで望めるではないか。この天気も今日までか。( ̄□ ̄;)
本日のトレーニングデータ:距離32.1km、時間1h12m、平均速度26.8km/h、最大心拍数158bpm、平均心拍数136bpm、消費カロリー721kcal也

SONYα700を修理すべきか?

 購入して彼此9年近くなる我が愛機SONYα700だが、去年辺りからチョット気になる不具合が出てきた。


DSC02893.jpg
 背面から見て本体右上にあるのが「後ダイアル」だ。機能は再生画像の送りや戻し、そして撮影時は露出補正に割り当てて使っている。ところがこの動作がたまに狂うのだ。例えば再生画像を1枚先に送ろうとしたら2〜3枚送られたり、露出を1段(0.3)+補正しようとすると2〜3段送られたりするわけだ。要はダイヤルの接触不良という事なんだろうけどね。気になるので修理に出してみた。購入先はキタムラ横手店だが5年保証なんていうものはとっくに切れている。見積もりだけで1,080円也。

DSC02897.jpg
 2週間程してはがきで見積もりが届いたが金額を見てビックリした。何と税込み22,778円(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォ。先日秋葉原で立ち寄ったソフマップでは、α700の中古品が税抜き19,800円で売られていたからなあ( ̄▽ ̄;)!!ガーン。
 もちろん修理はせず送り返してもらった。7〜8千円くらいで済むんじゃねえの?っと思っていたワタシが甘かった。不勉強でした。授業料1,080円はチト高かったかな。

夜会VOL.19「橋の下のアルカディア」

 11月某日、休みを利用してとうとう来てしまった。所は東京赤坂のACTシアター、中島みゆきさんの夜会VOL.19「橋の下のアルカディア」を見るためである。2年前のVOL.18「橋の下のアルカディア」の再演である。Vol.18はBlu-rayを買って見たし、劇場版を映画館でも見た。でも生で見るチャンスとなると見たくなるものよのぅ。

 かつて東京には9年間住んでいた訳だが赤坂・六本木界隈は全くのテリトリー外だ。スマホのGoogle mapを頼りに地下鉄駅から会場を探すが、全く違う「ACT」に案内されたりして(*゚o゚*)、さんざん歩かされたあげくやっと会場に着いた。この看板を見ただけで何か感激♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪。開演1時間半前の18:30にも係らず、開場待ちの列には50人程の列である。
 20:00いよいよ開演、座席は1回センターブロックの真ん中よりやや後方、肉眼でも役者の表情がギリギリ見える位置だが、念のため持参した双眼鏡で時々みゆきさんや中村中さん、そして石田匠さんの表情を確認する。衣装や小道具、演出などVol.18との細かな違いは沢山あったが、ストーリー等の大きな違いはなかった。違いについてはいろいろな方がブログで書かれている。劇中の楽曲はどの曲も素晴らしい曲ばかり、改めてスタジオレコーディングしてほしいものである。22:17終演、余韻を味わうように居酒屋で一人飲みしてからホテルに帰った。
 「中島みゆきは万病に効く」という言葉があるようだ。ほんとに日々の仕事のストレスが全部吹っ飛んだひと時であった。


DSC02833.jpg

DSC02834.jpg
 ところで、皆さん会場に早くから並ぶには理由がある。会場内でCDやDVD等を購入する列に並ぶと直筆サイン色紙の引換券がもらえるのだ。これが先着70〜80枚程、幸いNo.48をゲットし(●⌒∇⌒●)旧譜を2枚買った。旧譜購入者特典はこのビニール袋だけ。

DSCF0239.jpg
 11月16日はこのベストアルバムの発売日だった。これが店によって購入特典が異なるのだ。コースターが欲しかったのでHMVで買ったというわけ。また去年のコンサート「一会」のDVD/Blu-rayとCDも同時発売されたけど、先行予約者には特典がなく、後から特典を付けたっつー事で、怒り心頭のファンがAmazonにレビュー書いてたっけ。こういうYAMAHAさんの商売のやり方にだけは納得いかないわ。

Collage_Fotor_20161203163927eb3.jpg
 翌日は20年ぶりに秋葉原へ、しかしその変わり様にはびっくりだ。東京へ行く機会はあっても秋葉原に行かなくなったのはやはりネットで何でも買える時代になったからだ。でもオーディオだけは音を聞かなくちゃ分からないので地図を見ながらこの店「ダイナミック オーディオ」をたずねてみた。いやー素晴らしい音を聞かせてもらった。ただマニアックすぎてちょっと買えそうもない代物ばっかりだったわ。

DSC02823.jpg
 帰りの新幹線ホーム、隣に入線していた東北新幹線E5系。グランクラスのアテンダントさんがポーズをとってくれた。う〜ん、乗ってみたい。o(^^o)(o^^)o

会山行で加無山へ

 10月29日(土)本荘山の会恒例行事の山童祭が南由利原青少年旅行村で開かれた。翌10月30日(日)朝食中に音を立てて霙れが降る。「鳥海山初冬訓練班」と「丸森キノコ採り班」に分かれて行動するのがここ数年の常である。まあこの天気では初冬訓練はなし。多くのメンバーが行くというので山形県真室川の加無山に行く事にした。隊長のA部さん以外は誰も行った事がない。

 出発が遅く登山口に着いたのは9時過ぎ、結構荒れた林道が長く腹を摩った車も何台かいた。標高200m余りの登山口を9:40出発する。隊員は総勢10名。

DSCF0159.jpg
 道は八敷川と加無沢沿いの登山道をしばらく歩く事になる。徒渉が4ヵ所、ロープを張ってあるが2ヵ所目は厳しかった。隊長は靴を脱いで渡った。

DSCF0170.jpg
 色鮮やかな実を発見、本隊の植物&キノコ博士のヒゲゴジラ氏によるとクサギとのこと、少なくとも実は初めて見た気がする。

DSCF0172.jpg

DSCF0166.jpg
 周囲は見事な紅葉、女性隊員からは歓声が上がる。\(*T▽T*)/

DSCF0173.jpg
 沢沿いの道を過ぎ、いよいよ本格的な登りとなる。ロープが張られているところが何ヵ所もあり、気の抜けない山である。

DSCF0174.jpg
 左手に現れた千畳岩、この山域はおそらく凝灰岩が激しく浸食された結果できた地形であろう。

DSCF0179.jpg
 朝はあんなに天気が悪かったのに時々日が射す。青空と紅葉が美しい。

DSCF0189.jpg
 皆さん美しい紅葉に見とれています。(*゚▽゚)ノ

DSCF0196.jpg
 ナメコを見つけた。皆さん大喜び。

DSCF0198.jpg
 12:00近くなりやっと目指す男加無山が見えてきた。まだ先は長く、道は険しいトラバースの連続だ。

DSCF0201.jpg
 それでも紅葉はいい感じ。

DSCF0205.jpg
 彼方に甑山を望む。この先さらに道は険しくなった。直登を登り詰めた地点の挽割で大休止し、引き返す事とした。山頂まではコースタイムで約1時間である。

DSCF02101.jpg
 難所の一つ胎内潜り、斜度が急且つ狭い。ここを登りでは下り、下山時は登ることになる。

DSCF0218.jpg
 再び美しい紅葉を眺めながら15:30に下山した。帰宅後「新・分県登山ガイド山形県の山」(山と渓谷社)を見た。一般的には山頂手前の「露岩」まででそこからの眺望は良い。しかしそこからさらに997.2mの山頂部までは藪こぎで、しかも山頂からは展望も利かないとの事であった。さて、いつか再チャレンジしたものか。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高2、小5、小3の三児の父親、中島みゆきファン歴3年の初心者。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩みである。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw さらなる省エネ化を目指す。

snow crystals
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon