人間ドッグのついでに蔵王へ

 2月23日(木)〜25日(土)まで、2泊3日の日程で山形市にある東北中央病院で人間ドッグを受診した。せっかくここまで来てただ帰るのはもったいない。3日目の朝、最後の検査を終えると蔵王へと向かった。目指すのは蔵王坊平ライザワールドスキー場。ここから刈田岳、熊野岳を目指したのだが・・・。

 下界の山形市は曇りで時折小雪が舞う程度。しかし登山口のスキー場は濃いガスに覆われていた。11:10、リフトを2本乗り継ぎ、標識のポールに沿って登っていく。登るほどにガスは濃くしかも風が強まる。下山してくる人に話を聞くと、この避難小屋までで帰って来たという人が数人いた。

DSCF1073.jpg
 幸い風は後方から吹き付ける。時折日が差すが本当に一瞬だ。サッとウエストバッグからカメラを取り出して電源を入れ、構える間に晴れ間は過ぎ去る。この一瞬の晴れ間が少しは長く続くようになった。バンザイをし、歓声をあげる登山者。

DSCF1081.jpg
 12:00、歩き始めて1時間ほどで分岐点まで来た。右に行けば刈田岳、左が熊野岳である。右手の刈田岳へと向かう。

DSCF1083.jpg
 蔵王山頂の県営レストハウスが見えた。こんな悪天候の冬山は一体いつ以来だろうか?ポールなどの目印がたくさんあるのでここまで来れるわけだ。

DSCF1086.jpg
 その奥が刈田嶺神社。鳥居がくぐれるということは雪が少ないということだろう。低温の為カメラの電池が1本アウト。

DSCF1093.jpg
 神社の様子。ちなみに今日の機材はXT-1だが弱点が見えて来た。この気象条件だと、EVFではサングラスのままファインダーを覗いてもほとんど見えない。

DSCF1101.jpg
 宮城県側の澄川スキー場から登って来たという男女2人。天気予報は晴れてくる予報であるが「この先どうしますか」と話す。女性の方はゴーグルをかけたままでもはっきりわかるほどの美人。(*^.^*)

DSCF1115.jpg
 とりあえずこっちは熊野岳へ行ってみる。一瞬の晴れ間、右手に五色岳、その下には雪に覆われた御釜がチラリと見えた。

DSCF1125.jpg
 弱まる気配のない強風とガスの中熊野岳へと歩を進める。時刻はもう13:00を回った。熊野岳の避難小屋を見つけて中で大休止。蔵王ロープウェイで地蔵山から登って来た6人ほどのパーティーと一緒になる。カップ麺用に水から湯を沸かそうとしたら、THERMOS
の湯を分けてくれた。感謝!<(_ _*)>

DSCF1147.jpg
 13:45、避難小屋出発。熊野岳山頂まではあと少しのはずだがさっきより視界が悪い。無理は禁物と下山を決め込んだ。30分ほどで元の分岐点まで戻った。ここでようやく青空とご対面。(o^∇^o)ノ向こうに並ぶのはリフトの支柱。

DSCF1149.jpg
 下を覗き込むと晴れ渡った樹氷原が広がっている。そう言えば今日は多くの登山者がいたが、山スキーを履いている人には誰とも会わなかった。

DSCF1161.jpg

DSCF1184.jpg
 青空の下に広がる樹氷原。

DSCF1199.jpg

DSCF1208.jpg
 樹氷を求め、森吉山や八幡平に何度も足を運んだが、こんなに晴れたことは滅多になかった気がする。

DSCF1239.jpg

DSCF1212.jpg
 WBオートのままだとこんな色になってしまった。

DSCF1235.jpg
 振り返ると刈田岳山頂が光り輝いていた。しかし熊野岳方面は晴れる気配がない。

DSCF1248.jpg

DSCF1251.jpg
 朝はガスの中だった避難小屋周辺。今日は絶対に転けないようにと慎重にゲレンデを滑り降り、13:40無事下山した。
 ところで人間ドッグでまたも大腸ポリープが1個見つかった。1年前に2個取ったばかりなのに。( ̄▽ ̄;)!! 切除術またやるのか。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ジュネス栗駒スキー場から大森山へ

 1月29日(日)、晴れの予報に心はうきうき、今冬初山行に選んだのは近場の焼石山系大森山だ。冬場は東成瀬村のジュネス栗駒スキー場から入山するのが一般的。今日は楽勝!と甘く見ていたのだが・・・。

 スキー場最高点の第3ペアリフトの降り場から焼石山系の山々を望む。左側手前の小松森の隣に見えるのが目指す大森山、その右に西焼石岳の姿も見える。リフト券代を節約し、第2クワッドリフトを降りてからリフト1本分、シール登高でここまで来た。10:20ブナ林の中に入って出発。

DSCF0433.jpg
 樹林の中は小さな起伏を繰り返しながら進む事になるが、いかんせんブーツが半分埋まる程の湿った重い雪を一人でラッセルして進む事になる。これが思っていた以上にハードであった。

DSCF0436.jpg 頭上を見上げると、日に照らされた霧氷が解けてパラパラと舞い落ちてくる。これが時折背中の中まで入ってくる。ヒェ〜ッ!

DSCF0443.jpg
 南側に広がる杉林、杉の木々がまるで樹氷のようだ。


DSCF0446.jpg
 11:50、1時間半もかかってやっと県境まで来た。これまでの経験ではここまでせいぜい40〜50分で来たはずだから倍くらい時間がかかった事になる。眼下に見えるのは冬期閉鎖中のR397と胆沢橋。


DSCF0447.jpg
 上記地点からはルートを北に、県境に沿って歩く。左から大森山、蟻巣山、三界山の山々。


DSCF0449.jpg
 県境は岩手県側がスパット切れ落ちて崖になっている。雪庇が張り出しているので、踏みぬかないように要注意だ。


DSCF0451.jpg
 樹林帯を抜けると西側には我が家がある横手盆地が広がり、遥か彼方に真っ白な鳥海山も望めた。いつもであれば雪の下に隠れているはずの丈の低い木々が出ているので歩きにくい。


DSCF0452.jpg
 この県境沿いのルートもアップダウンが大きく体力を消耗する。この斜面が一番大きな登りだ。


DSCF0454.jpg
 13:15、目指す大森山はまだ遠い。どうみてもあと1時間以上はかかるだろう。今日はここで撤退する事を決断した。

DSCF0455.jpg
 スキーを脱ぎ、西焼石岳を眺めながら大休止、遅い昼食をとる。

DSCF0457.jpg
 13:50、自分のトレースをたどって下山開始。再びアップダウンを繰り返す。結構キツい。15:35、ジュネス栗駒スキー場に到着した。疲労困憊。だが後はシールを外してゲレンデを滑り降りるだけだ。しかしここに落とし穴が待ち構えていた。夕方になり、多くのスキー客が滑った後のバーンはかなり固くなっていた。滑り始めて2ターン目、山側のスキーに乗ってしまいバランスを崩して右に転倒した。スキー場で転んだなんて一体何年ぶりか。
 たいした事は無いと帰宅したがどうも右肩が痛い。一週間雪掻きもできず、服を着るのも車のハンドルを回すにも痛みが走る。たまらず町内の整形外科を受診した。院長は幼稚園から高校までの同期生である。診断名は腱板断裂、場合によっては治癒するまで半年もかかると脅された。( ̄▽ ̄;)!!ガーン 肩にステロイドの注射を打ってもらったがこれが効いた。今は痛みはほんの僅かである。しかし無理は禁物、年を取ると体中あちこちガタが来ると改めて感じた。( ̄□ ̄;)


PICT0085_20170205231149879.jpg
 2008年3月16日にこのルートから焼石山頂まで行った際の写真がこちら。8合目付近から見上げる焼石岳は神々しく見えた。


PICT0060.jpg
 山頂から望む横岳の勇姿。画質は悪いが動画まで撮ってあった。ご覧あれ!




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

会山行で加無山へ

 10月29日(土)本荘山の会恒例行事の山童祭が南由利原青少年旅行村で開かれた。翌10月30日(日)朝食中に音を立てて霙れが降る。「鳥海山初冬訓練班」と「丸森キノコ採り班」に分かれて行動するのがここ数年の常である。まあこの天気では初冬訓練はなし。多くのメンバーが行くというので山形県真室川の加無山に行く事にした。隊長のA部さん以外は誰も行った事がない。

 出発が遅く登山口に着いたのは9時過ぎ、結構荒れた林道が長く腹を摩った車も何台かいた。標高200m余りの登山口を9:40出発する。隊員は総勢10名。

DSCF0159.jpg
 道は八敷川と加無沢沿いの登山道をしばらく歩く事になる。徒渉が4ヵ所、ロープを張ってあるが2ヵ所目は厳しかった。隊長は靴を脱いで渡った。

DSCF0170.jpg
 色鮮やかな実を発見、本隊の植物&キノコ博士のヒゲゴジラ氏によるとクサギとのこと、少なくとも実は初めて見た気がする。

DSCF0172.jpg

DSCF0166.jpg
 周囲は見事な紅葉、女性隊員からは歓声が上がる。\(*T▽T*)/

DSCF0173.jpg
 沢沿いの道を過ぎ、いよいよ本格的な登りとなる。ロープが張られているところが何ヵ所もあり、気の抜けない山である。

DSCF0174.jpg
 左手に現れた千畳岩、この山域はおそらく凝灰岩が激しく浸食された結果できた地形であろう。

DSCF0179.jpg
 朝はあんなに天気が悪かったのに時々日が射す。青空と紅葉が美しい。

DSCF0189.jpg
 皆さん美しい紅葉に見とれています。(*゚▽゚)ノ

DSCF0196.jpg
 ナメコを見つけた。皆さん大喜び。

DSCF0198.jpg
 12:00近くなりやっと目指す男加無山が見えてきた。まだ先は長く、道は険しいトラバースの連続だ。

DSCF0201.jpg
 それでも紅葉はいい感じ。

DSCF0205.jpg
 彼方に甑山を望む。この先さらに道は険しくなった。直登を登り詰めた地点の挽割で大休止し、引き返す事とした。山頂まではコースタイムで約1時間である。

DSCF02101.jpg
 難所の一つ胎内潜り、斜度が急且つ狭い。ここを登りでは下り、下山時は登ることになる。

DSCF0218.jpg
 再び美しい紅葉を眺めながら15:30に下山した。帰宅後「新・分県登山ガイド山形県の山」(山と渓谷社)を見た。一般的には山頂手前の「露岩」まででそこからの眺望は良い。しかしそこからさらに997.2mの山頂部までは藪こぎで、しかも山頂からは展望も利かないとの事であった。さて、いつか再チャレンジしたものか。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

おニューのカメラを携えて栗駒山へ

 久々に新しいカメラを買っちゃった。F UJI FILM XT−1。フィルムメーカーならではのカメラ作りとそのクラッシックなデザインに惚れ、しばらく前から狙っていたものである。9月に新型のXT-2が発売された。無理してXT-2を買うか、それとも型落ちで値が大幅に下がったXT-1にするか大いに悩んだ末、在庫希少のXT-1に決めた。


DSC04167.jpg
 XT-1の外観、知らない人に見せたら「おっ、フィルムカメラ?」と聞かれた。無理も無かろう。れっきとしたミラーレス・デジダル一眼レフである。最も気に入ったのがフィルムシミュレーション。デジタルで「Velvia」の色を再現できる。また、ブラケティング機能では露出だけでなくISO感度、ダイナミックレンジ、フィルムシミュレーションそしてWBまでブラケティング撮影が可能である。詳しい仕様はこちらをご覧あれ。

DSC04159.jpg
 いわゆる軍艦部を上から俯瞰。電源のオン・オフ、露出補正、シャッタースピードそしてISO感度はこのダイヤルで操作する。また、絞りは従来のフィルムカメラ同様レンズのリングを回して操作するこの感覚がいい。

DSCF0031.jpg

DSCF0046.jpg
 10月16日(日)快晴、XT-1を携えて初めて山に登った。9:20秣岳登山口から入山する。辺りは紅葉真っ盛り。ここから登るのはもしかしたら初めてかも知れない。いつもは下山に使っていた気がする。

DSCF0059.jpg
DSCF0060.jpg
DSCF0061.jpg
 登り始めてから30分程、林を抜けて視界が開ける。眼下に須川湖、左奥に焼石岳、正面には早池峰山が望まれる。
ここで早速フィルムシミュレーション・ブラケットの機能を使ってみた。上から順に「Velvia 」、「PROVIA 」、「ASTIA」やっぱり違うもんだ。風景写真を撮るなら当然「Velvia 」でしょう。こんな事やってみるまでもないことなんだけど。これら以外は全て「Velvia 」で撮影した。

DSCF0072.jpg
 10:30、秣岳山頂に到着。正面に虎毛山、右奥が神室連山だ。ダイナミックレンジはもっと強くしたほうが良さそうだ。雲が白飛びしちゃっているようだ。

DSCF0083.jpg
 白銀草原の草紅葉。

DSCF0089.jpg
 秣岳を振り返る。向こうには初冠雪した鳥海山がくっきりと見える。

DSCF0091.jpg

DSCF0090.jpg
 11:45、岩瀬の展望台から昭和湖と竜泉ケ原湿原を見下ろす。残念ながら静かな山歩きができるのはここまでだ。この後栗駒山頂12:20着、相変わらず下界の観光地同様の混雑ぶり。一人分座るスペースを見つけるとさっさと昼メシを食い、コーヒーを飲んで須川コースを下山する。

DSCF0101.jpg
 山の上の紅葉はとっくに終了しているが、ここ苔花台まで下りてきて紅葉が始まった。

DSCF0106.jpg
 名残が原からはほとんどの人がまっすぐ湿原を行くけれど、ここを左に遠回りすると美しい紅葉が見られるんだけどねえ。

DSCF0107.jpg

DSCF0111.jpg

DSCF0114.jpg
 岩と紅葉と青空、いい感じです。

DSCF0131.jpg
 14:30須川温泉到着、例年これくらいの時間になると車も空いてくるものだが今日はまだ満車。朝ここにデポしておいた自転車で秣岳登山口まで下る。カメラはどうもなじめないのがEVF、まだまだ慣れが必要だわ。(-_-;ウーン

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


鳥海山雪渓調査’16秋編

 10月10日(月)、恒例の雪渓調査に出かけた。調査メンバーは隊長G氏、元A大教授のK氏にびんちゃんのわずか3人だ。前回8月、G氏とK氏がこの雪渓が10月まで残っているかどうか賭けをしていた。G氏は無し、K氏は有りで確かソフトクリームを賭けた?びんちゃんはこれに参加はしなかったが無いと踏んでいた。

 山はガスっていて寒い。祓川駐車場には5台程の車しかない。測量道具他を背負って8:15出発する。

DSC02777.jpg
 山の紅葉はかなり進んでいるが、登る程にガスが濃くなってゆく。

DSC02781.jpg
 8合目から左へ、鴬平方向へ進み「七ツ釜南東部雪渓」に到着。果たして雪渓は?どこを探してもかけらも無い。「あった!」と思ったらそれは2日前に降ったものであろうと思われる新雪であった。

DSC02784.jpg
 予感は当たった。七ツ釜の小屋に戻り早い昼食を済ませると下山することとした。天気が良ければ調査の後登頂するつもりだったがガスはまだ晴れない。御田の草紅葉を見下ろす。

DSC02786.jpg
 11:20、六合目まで降りたところで後ろを振り返る。曇り空を背景に雪を頂いた山頂部がくっきりと見えるではないか。( ̄▽ ̄;)!!ガーン

DSC02789.jpg
 下る程に天気は良くなってゆく。ナナカマドと青空がキレイ!

DSC02790.jpg
 竜が原湿原も黄金色に輝く。( ̄□ ̄;)!!

DSC02796.jpg
 12:10、祓川に戻るとこの天気、朝とは違い大勢の観光客やカメラマンが祓川に押し寄せてきた。測量道具を置いてまた登るか?時間的にはまだ間に合うが、すでに戦意喪失であった。( ̄□||||!!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon