3月の鳥海山猿倉ルート

 3月30日(土)、曇りのち晴れの天気予報をあてにして鳥海山に出かけた。今日の同伴者はやまおやぢ師匠、同じく本荘山の会所属であるが、久々の同行である。最初は「キタカベ」こと北面に誘われたが、あんよと体調に自信がなく、自宅から最も近い猿倉ルートを行く事になった。

 7:09、フォレスタ鳥海脇の林道(470m)よりスタート。いつもの年なら今頃この林道の除雪は、上の堰口(735m)付近まで進んでいるはずであるが、今年はまだ全く除雪されていない。チラホラと小雪が舞う中をひたすら進む。山頂はな〜んも見えん!

DSC09475.jpg
 9:45、広大なお花園湿原に到着。ここって夏場はいつも素通りするだけだ。天候は徐々に回復するも雲の流れは早い。

DSC09471.jpg
 山頂がきれいに見える。今日は山頂アタックできるか、問題は風か?なんて話しながら登る。

DSC09481.jpg
 いよいよ登りがキツくなる。今日は両足の踵に靴擦れ予防のため、ガッチリとテーピングを施してきた。最初は効いていたが、キツい登りが続くとやっぱり擦れる。おやぢ師匠はといえば足の不調を訴え遅れ気味である。

DSC09483.jpg
 上には8合目七ツ釜の避難小屋、下には5合目祓川ヒュッテが見えてきた。(画面のど真ん中が祓川ヒュッテ)師匠の足の調子はかなり悪いようだ。自分が先行して先ずは小屋まで行くこととする。

DSC09486.jpg
 ダケカンバに着いた霧氷がきれいだ。その左手に見えるのは我家のある横手盆地。

DSC09487.jpg
 もうすぐ正午だが山頂はまだまだ遠く風も強い。今日の風向きは山頂を超えて吹き下ろしてくる南風だ。

DSC09488.jpg
 12:24、8合目避難小屋到着。いつもはここで大休止を取って体を休め、山頂アタックのチャンスをうかがうのだが、小屋の入り口はこの通り雪に覆われている。雪に「15」の数字が刻まれているけど何の意味か不明(・_・?) 入り口のフックに掛かっているはずのスコップが見当たらないので、ピッケルで雪を掻いて中に入る事を試みる。でも徒労に終わった。奥の方は完全に凍りついているのだ。( ̄□ ̄;)!

DSC09495.jpg
 体が冷えてきた。今日はスキーアイゼンを忘れてきたのでスキーを小屋前にデポし、アイゼンに履き替えて山頂を目指すことにした。準備を整えている間に師匠が小屋までやって来た。足の調子が悪く、今日はここまでにして下山するとの事。単独で山頂を目指す。先行者のトレースあり。彼は矢島スキー場から入山したとの事だが、天候悪く撤退するとの事。

DSC09498.jpg
 雲の流れは早く、時折青空がのぞいていたがそれも13:40頃まで、後は山頂部が姿を現す事はなかった。14:00、自分も撤退を決意する。GPSによる標高は1,868m、氷の薬師付近か。

DSC09501.jpg
 下山ルートがどうも右にそれてしまったようだ。七ツ釜小屋は上からは見えないので注意が必要だ。GPSの画面を見ながら下っているとアイゼンの爪を凍った斜面に引っ掛けて転倒、15〜20mほど滑落する。下には障害物等何もないのでさほど危険はなかったが、アイゼンの爪が右足の股にグサッ∑(>д<) イテッ!! またズボンに穴あけてもうた!で、関係ないけどダケカンバの霧氷がやっぱりきれい。秋田市内の高校山岳部が春合宿で祓川ヒュッテに来ていた模様。上からヒュッテの人影を確認できた。15:39、無事登山口に到着。

PICT0006.jpg

PICT0056.jpg
 上の2枚は5年前、2008年4月6日(日)に同じルートを登った時の写真だ。記録を見ると7:40フォレスタ出発、11:00七ツ釜小屋到着、13:40山頂到着16:10登山口着とある。快晴・無風気温高めと条件はかなり良かった。今回は靴擦れの他、風邪気味で喉が痛かったというハンディはあった。でもなあ、5年前に普通に出来た事が今は相当頑張らないと出来ない。それが50代なんだよねえ。(-_-;ウーン

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大型連休前の鳥海山、人が少なくていいですね。
ずっと登り続けるためにも
怪我なくマイペースで登るのが一番ですね。

No title

binchan殿

お疲れ様でした。
予想通り?oyazyが不調で足を引っ張ってしまいましたね、すまんでした。

でも前半では天候も良く、久々に写真も撮れて大満足でやんしたよ(笑)

そろそろチャリトレ再開かと思われど、結構寒かったり花粉症が酷いなど
まだメド立たずですぅ~(爆)

ばりこ姫へ

春休み以降連休前の鳥海山は大大大好きです。
でも難易度が高いのと、アタックチャンスに
なかなか恵まれない事が多いのよねぇ(´ρ`)

おやぢ師匠へ

お疲れさまでした!
師匠の足のせいだけじゃなく、
こちらも完全に体力不足でした。
道路開通前にぜふぃ〜リベンジしたいわ!
チャンスがあれば。

No title

超ロングコースご苦労様でした。
おやぢ師匠も一緒でしたか。
山頂踏めなかったのは残念でしょうが、
先ずは無事に帰還できて良かったです。

ヒゲゴジラさんへ

う〜〜ん、絶対リベンジしてやるぅ〜!
ド平日にくっきりと見える鳥海山をうらめしげに
眺めながら通勤するとストレスがたまるのよねぇ!
あ〜でも明らかにスタミナ不足でした。

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon