ランス・アームストロングのドーピング問題

 ここに新聞記事のコピーがある。1999年8月6日(金)の読売新聞P.16、「1/2からの生還 奇跡の英雄」と題した記事の内容はこうだ。


『 ニューヨーク・マンハッタンの大型スポーツショップに特設された会見場。詰めかけた客たちは割れるような拍手と歓声で”奇跡のヒーロー”を出迎えた。
 「これはハリウッド映画でも、ディズニー映画でもない。真実のストーリーだ。」27歳の自転車選手の言葉には一片の誇張もない。ジュニア時代から国内で注目され、1993年に世界ロードレース選手権を制覇、96年にはツール・ド・フランスでステージ優勝も経験した彼が睾丸がんと診断されたのは、その年の10月。すでに腹部、肺、脳に転移、医師からは「生存率50%」と宣告された。2度の手術で一命を取りとめた。その後の3ヶ月にわたる化学療法で十数個もあった腫瘍は奇跡的に消滅した。
 だが、周囲からレース復帰は無理と判断された。当時所属していた仏チーム(注:コフィディス)からは契約を打ち切られた。でも、競技から離れている間に人生そのものについて思いを巡らした。そして彼はレースに復帰することを決めた。元選手としてではなく、元がん患者として。
 「競技に対する僕のモチベーションの50%は医師や看護婦、患者たち、がんと戦う人々のためだ。がんからカムバックした者が以前よりも、やれるってことを証明したかった。25%は僕自身、そして家族、友人、スポンサーのため。そして最後の25%は僕のことを信じないで、見放した人々を見返すためだ。(中略)
 ツール・ド・フランスは3週間で約3670kmを走破する。8日目に首位に立った彼は、その後一度もトップを譲ることなく走り抜けた。(注:初日のプロローグでも優勝している)ゴールで待っていた母と、昨年結婚したクリスティンさんに囲まれたランスはしみじみと言った。「本格復帰から2年。長い道のりだった。でも、僕のレースを見た患者たちに言いたい。もし、人生において2度目のチャンスがあるなら、きっとやり抜くんだ」
 レース後、初めてがんの調査、研究のための「ランス・アームストロング基金」設立を明らかにした。彼が元がん患者として復帰した直後からプロジェクトは進んでいたのだという。スポンサーから2万5000ドルの寄付を受け取ったランスは改めて語った。
 「僕が行きのびることが出来たのは運動選手だったから?生きたいと思ったから?それは分からない。ただ、ただ、自分を信じるしかないんだ。僕は一人でも多くの人を勇気づけたい。僕が一番誇りに思うことは、がんからの生還者であることだから」
 会場は再び割れるような拍手に包まれた。』
(ニューヨーク支局 太田 朋男、注:びんちゃん)


51fE2E7ZoMLjpg.jpg
 何と感動的で劇的な物語だろうか。好きな自転車選手は大勢いるが、その中でも上位に位置していたことは間違いない。その後ランス・アームストロングはツール・ド・フランスにおいて前人未到の7連覇(1999〜2005)を達成して引退、2009年現役復するも帰翌年再び引退する。
 しかし2010年元同僚選手のフロイド・ランディスが、ランスがドーピングを行っていたことを証言した。このときはまさか、っという感じ( ̄ー ̄?)。しかし2012年、全米アンチドーピング機関(USADA)がランスのドーピング違反の判定を下し、ツール・ド・フランス7連覇を含む1998年8月以降のすべての記録を抹消し、ランスに対して永久追放の処分を決定した。( ̄▽ ̄;)!!ガーン



 Jsportsでもランスの事件を含め、今までのドーピング事件やこの問題が自転車競技全体に与える影響等について話し合われた。
 去年の暮れにはランスを非難する発言や擁護する発言があちこちから上がったけど、
今月半ばついに自らドーピングを認めた。
インタビュー番組も放送された。
でも疑問は解消されない。

 一体彼はなぜそこまでしてして勝ちたかったんだろうねえ。彼の生存率は実は50%よりもっと低かったとも言われている。そんな死の淵から這い上がってきた男が、なぜドーピングに手を染めてしまったのだろうか。彼を救った医師や看護師たち、そして勇気づけられた多くのがん患者たちはこのニュースをどう見ているのだろうか。また、多くの自転車競技のファンたちはどうだろうか。UCI(国際自転車競技連盟)との関係も疑われているし、まだ分からないことだらけだ。

Livestrong_wristband.jpg LIVESTRONGのリストバンド、昔アメリカから直輸入したっけなあ。LIVESTRONGのロゴが入ったその他のアパレル製品等も買ったっけ。この問題お前はどう思うかって?「失望」その二文字だけだ((((_ _|||))))。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon