紅葉の栗駒山でファミリー山行

 10月8日(月)体育の日、我が家恒例の秋の行事である栗駒山行を楽しんできた。今年はルートを変更、須川温泉からノーマルルートを山頂まで登り、帰りは秣岳を経由して須川湖畔に下山した。去年までは背負子に入り、オヤジの背中で楽チンだった三男も今年は4歳で体重が20kg、Max18kgの背負子deuter kids comfortにはもう収まらない。ちょっと冒険だったけどこのルートで決行した。去年の様子はこちら。

 天気は快晴、空には雲一つなく残月が浮かぶ。しかし朝はトラブル続きだった。先ず女房の登山靴が無く、仕方なく古いスニーカーを出して履く。また車で5kmも行かないうちに次男が車酔、あわてて酔い止めを買って飲ませるものの後の祭り、途中2度ほど車を止めて嘔吐した。予定より30分以上遅れて9時須川温泉を出発。須川温泉〜名残ケ原まではまだ紅葉の気配はない。

DSC00016.jpg
 1時間ちょっとでようやく昭和湖に着いた。皆朝食を満足に食べていないのでここで腹ごしらえ。20分ほど休憩してから歩き出す。

DSC00020.jpg
 昭和湖から少し登ると焼石岳が見えた。ここから見ても山腹が真っ赤に染まっているのが分かる。

DSC00026.jpg
 こちらは栗駒山の山腹、紅葉真っ盛りのようだがいつもより赤い色が少ない気がする。

DSC00031.jpg
 急斜面では三男の後ろから、脇の下に手を入れて支えてやると安定してするすると登って行く。今年1年生の次男はといえば、知らぬ間にどんどん先に行ってしまう。さすがに毎日片道2km近くを歩いて登下校していると違うわ。11:40、須川分岐(天狗平)についた。山頂まであと800m。

DSC00037.jpg
 振り返ると鳥海山がくっきりと見えた。

DSC00041.jpg
 山頂近くの真っ赤な紅葉が美しい。ところで、今回持参したカメラはSony NEX5+E18-55mm F3.5-5.6.。先日中古で買ってしまったのだ。また「中古カメラウィルス」に感染してしまったようだ。( ̄ω ̄;)

DSC00049.jpg
 正午ちょい過ぎ、ようやく山頂に到着した。山頂すごい人々々々・・・。それでも標柱脇に場所を見つけてランチタイム、メニューは定番のラーメン。メンマは持ってきたがチャーシューを忘れた。長男はそれをやたらと悔やむ。本当に食い物にうるさい男だ。

DSC00051.jpg
 三男はすれ違う登山者から「がんばって!スゴイね〜!ボク何歳?」と何度も聞かれる。で、4歳のポーズ。(⌒-⌒)しまいには何も聞かれなくても自分から「4歳」とな。

DSC00052_20121013160501.jpg
 山頂より宮城県側、イワカガミ平方面を望む。やはり色があまり良くない。これからもっと赤くなるのか?

DSC00058_20121013160500.jpg
 13:20いざ下山。目指す秣岳方面を望む。

DSC00062_20121013160500.jpg
 見晴し台から龍泉ケ原を見下ろす。このルートを歩くのは10年ぶりくらいだ。

DSC00064.jpg
 目を転じればこれから歩く天馬尾根コースと秣岳、そして鳥海山。

DSC00069.jpg
 さらに振り返ると錦に染まった栗駒山が見えた。

DSC00073.jpg
 真っ青な空に映えるイタヤカエデ。かな??ここでまたトラブル。女房の靴のソールが剥がれた。そして長男の靴がキツかったようで下りでつま先の痛みを訴える。女房の方は何とかしのげたが、長男はつらそうだ。

DSC00081.jpg
 三男は何度も転ぶので目が離せないが本人はいたって元気。「オレについてこい!」だと。そんな台詞どこで覚えた?

DSC00092.jpg

DSC00099.jpg

DSC00104.jpg

 15:45ようやく秣岳山頂についた。長男バテ気味、次男は先に行ってしまい三男も元気一杯。しかし、ここからの急な下りが息子達には応えたようだ。県道282沿いの登山口にようやく着いたのは日も暮れかけた17:05、オヤジびんちゃんは、予めここにデポして置いたロードレーサーを駆って2.7km先の須川温泉駐車場に車をとりに行く。残念ながら須川温泉も栗駒山荘も入浴時間に間に合わず、麓温泉東仙歩に入浴して帰宅した。夕食は地元横手市のピザ屋さんでおいしく頂きました。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

家族登山、8時間行動頑張られましたね!

特に小さい三男君、超頑張りました。


当方も、十ウン年振りに秣まで縦走しましたが、若い頃より歩き甲斐が
あって、ナカナカの山っぷりでしたね。

NEXでもセンス良く撮られるところはさすがはbinchanです。

拙者も、NEX欲すぃ~病です(笑)

おやぢ師匠へ

秣経由の下山に一番文句を言っていたのは中1の長男でした。靴が小さくなっていたとはいえ、下山なのにちょっとした登りが現れるたびに文句タラタラ、チビ達は楽しげに歩いているのになあ・・・。将来山岳部は無理ですなこりゃ。NEX5は思ったよりも高画質&軽量、これは武器ですな。一眼のαシリーズと操作が似ていて操作方法はすぅっと入っていけました。

No title

家族サービスで栗駒山、いいですね~。
子ども達を連れての秣経由、頑張られましたね。

暫く見ないうちに皆さん大きくなられて、又逞しくなって
親としては心強いんではないですか。

紅葉バッチリ見頃ですね。

ヒゲゴジラさんへ

下二人のチビ達はたいして疲れも見せず驚きです。それに比べ中学生の兄は・・・帰りに遠回りしたと文句タラタラでした。やれやれ。

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon