大船渡市で災害ボランティア活動

6月25日(土)梅雨の晴れ間で山に行きたかったが、この日は以前から計画してあった大船渡市への震災ボランティアに、高校生50人と共に行ってきた。

県南の某高校をバスで朝5時出発、途中資材を積み込んだり休憩を入れたりして現地に着いたのは10時頃になった。ここで担当者から活動についての指示や注意を受ける。ボランティアをしに来た、ではなく「させていただく」という気持ちでなければダメだ。駐車場には全国から来たボランティアの方々が沢山いて駐車場はほぼ満車だ。日付と名前を書いたワッペンを胸に貼る。


SANY0050_convert_20110626150919.jpg
派遣されたのは市内赤崎地区。まかされた主な仕事はがれきの撤去と水路のドブさらいだ。あちこちにがれきの山がある。海岸からは直線で200m程か。民家の白い壁に津波が到達した後がくっきりと残っている。ゴミ拾いをしている生徒がパスポートを拾った。持ち主はもっと海沿いの住人で、津波で亡くなったという。


SANY0054_convert_20110626151027.jpg
一番感心したのは生徒たちの働きぶりだ。自ら志願してきたのだから当たり前とは言え、ほんとうによく働いた。汗と泥にまみれた作業に音を上げるものは誰もいない。(;^_^A・・・臭いのキツいドブさらいも自ら積極的にスコップをもち、土嚢袋に詰めてゆく。よくがんばった!ヽ(^◇^*)/

行き帰りのバスの車窓から、沿岸部の最も被害が大きかった地域の様子が見え、生徒らも思わずカメラを向け写真を撮る。帰宅後に親や兄弟に見せるためであろうか。壁には赤いペンキで「こわす」の文字が目立つ。一日も早い復興を願うのみである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon