FC2ブログ

紅葉真っ盛りの鳥海山へ、雪渓調査を兼ねて

 10月9日(月)体育の日、9月に続き3回目の雪渓調査の依頼があった。9:30祓川との連絡があったので、先に山頂へ登ってから八合目、鶯平の現地で合流することとした。前日8日(日)は最高の天気、しかも本荘山の会の安藤前会長の追悼登山もあったのだが、少6の二男の行事で参加できなかった。

 7:00、祓川を出発、山頂部にはガスがかかっている。予報より天気は悪い。竜ケ原を過ぎて振り返ると草紅葉や木々の紅葉が見事である。

DSCF2229.jpg
 六合目到着、さすがにここの雪渓は消えた。7:50、七合目に差し掛かると頭上をドローンが飛んでいる。操作しているのは若い二人組の男性、そういえば祓川の駐車場でも飛ばしていた。おいくら?と尋ねると8万円ほどとのこと。

DSCF2236.jpg
 七ツ釜の避難小屋に昼飯やテルモスをデポした後に山頂を目指す。八合目付近で左手に目をやると雲海が広がる。


DSCF2238.jpg
 10月4日には初冠雪が記録された。昨年より6日早く、平年と比べても6日ほど早いということだったが、その痕跡はほとんど残っていなかった。九合目付近でようやく初雪を発見。

DSCF2239.jpg
 9:30山頂到着、ガスが濃く風もかなり強めである。登山者は自分を含め5人ほど。ドローンの二人組は山頂で飛ばすことができず残念そう。

DSCF2241.jpg
 一瞬だけ見えた新山の山腹には雪が見えた。これは4日の初雪か?あるいはその後の降雪か?10分ほど滞在し下山する。


DSCF2246.jpg
 山頂付近は初冬だったが八合目付近まで戻ると秋真っ盛り。

DSCF2250.jpg
 鶯平周辺は一面黄葉したイワイチョウに覆われている。それにしても「イワイチョウ」とは上手く名付けたものだ。


DSCF2252.jpg
 目的の「七ツ釜南東部雪渓」に到着、去年の10月10日には全く消え去った雪渓だが、今年はしっかりと残っている。昨冬の降雪量は少なめだったはずだが。後から登って来た3人の調査隊と11時過ぎに合流、2時間ほどで無事作業を終えた。


DSCF2260.jpg
 鶯平周辺で見つけたナナカマド、幼木と見えて丈は低いが葉の色が見事。


DSCF2264.jpg

DSCF2274.jpg

DSCF2275.jpg
 紅葉を鑑賞しながら下山する。八合目付近から見下ろす景観が最も見応えがあるようだ。

DSCF2279.jpg

 DSCF2282.jpg

DSCF2285.jpg
 七合目から下も悪くない。ダケカンバもいい感じ。


DSCF2293.jpg
 15:20、無事下山、装備を解いて解散し、車を走らせると5分もしないうちに激しい雨が降ってきた。あっぶなかったわ〜!
 ここしばらく山へ持っていく撮影機材はFUJI X-T1のみ。この軽さと色の良さを考えるとこれまで持ち歩いたSony α700を持って登る気にはなれなくなってしまった。でも手持ちのFUJIのレンズは1本のみ、αは10本近くある。どうしよう。(-ω-;)ウーン


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
大1、中1、小5の3人息子の父親、中島みゆきファン歴5年。気がつけば50代後半、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon