今年もまた鳥海山北面へ!

 4月26日(日)、快晴・風強し。本荘山の会の会山行で今年も鳥海山北面にトライしてきた。メンバーは計6名、こんたろう師匠・Dr.K氏・S幸氏・K玉君・びんちゃん・それにゲスト参加のH文氏だ。それにしても雪が少ねぇ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 7時25分祓川を出発する。う〜、この空の青さを見よ。ヽ( ´¬`)ノ

DSC02063.jpg
 雪が少ないだけではなく、雪面のクラックがあちこちにある。薮をさけクラックを避けながら歩く。今日の重要な忘れ物はな〜んとシール!こんたろう師匠から借りて事なきを得た。

DSC02065.jpg
 ルートファインディング中のK玉君。ちなみに、こんたろう師匠は一昨日北面基部までの下見をしてくれたとの事。

DSC02067.jpg
 ようやく北面がその勇姿を現す。ここまでおよそ1時間もかかった。

DSC02069.jpg
 この薮はいつも通る薮だが、今年はこれまで経験した中で最もひどい。ご覧の通り人の背丈を超える。K玉君はスキーを向こうに放り投げて超えていた。

DSC02073.jpg
 ようやく北面に向けて歩き出す。

DSC02079.jpg
 この斜面はいつも落石があるが今年は特に多い気がする。人の頭二つ分くらいの石も転がっている。

DSC02080.jpg
 9時20分、北面基部到着。ここでスキーを脱いでザックに括り付け、アイゼンを装着する。

DSC02082.jpg
 さ〜て、ここからいよいよ一気に標高差800m余りの急斜面へ、oyazy師匠曰くところの「キタカベ修行」の始まりだ。☆(●≧ω≦)9 先行するのはK玉君、速ぇ〜。次いでつぼ足のS幸氏、その後にびんちゃん。

DSC02083.jpg
 後ろを振り向くとH文氏、Dr.K氏、こんたろう師匠と続く。

DSC02086.jpg
 いつもの休憩地点の岩場に到着、稲倉岳と日本海を見下ろす。ここを登っている登山者は我々だけである。

DSC02098.jpg
 ようやく山頂直下、この2つの岩場の間を抜けると新山山頂だ。今日は斜面が凍っていないのでまだ楽な方である。でもアイゼン歩行はまだまだ下手、今日もズボンの裾に穴二つだ。

DSC02099.jpg
 見よ!この急斜面、ピッケルのピックを雪面に刺し、斜面に這いつくばって登る。

DSC02100.jpg
 12:25、ようやく新山山頂に到着。ふくらはぎがキツい。新山には数人の登山者がいたが、北面を登ってきたと言うと一様に驚いていた。山頂より日本海を望む。

DSC02102.jpg
 新山から七高山を望む。向こうに見える山は焼石岳。

DSC02103.jpg
 その右隣に栗駒山。

DSC02105.jpg
 さらに月山。K玉君はびんちゃんより1時間も前に到着!(ノ゚ρ゚)ノ

DSC02108.jpg
 新山山頂前で記念写真、Dr.K氏はかなりキツそうです。

DSC02110.jpg
 この後北面を滑り降りる手もあったが、またあの薮を超えたり登り返したりするのがいやなので、七高山に回り込んで下山する事にした。

DSC02112.jpg
 千蛇谷の雪の様子。かなり少ないでしょう。七高山に抜ける途中、ここが風の通り道になっており爆風が吹く。

DSC02116.jpg
 14:00、七高山到着。日本海を見下ろす。

DSC02117.jpg
 七高山から祓川まで滑り降りる途中で振り返る。

DSC02120.jpg
 しかも斜面はあちこちにご覧の通りのクラックが出来ている。おそらく急激な雪消えによって出来たものと思われるが。

DSC02121.jpg
 八合目、七ツ釜の避難小屋の上から祓川ヒュッテを見下ろす。雪の少なさがお分かりであろうか。

DSC02123.jpg
 14:50無事下山、今回もなかなか厳しい修行であった。(-_-;)・・・(完)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

北面アップお待ちしていました

お仕事がお忙しいのでしょうね。でも、アップ感謝。拙ページにもリンクを設定しました。
雪が少なく、何だか別の山の雰囲気でした。それにしても体力差は歴然。
ビンチャンをしのぐとは、S幸氏の体力は相当なものですね。

こんたろう師匠へ

北面は単に体力だけでなく技術がいりますなぁ。
ピッケルの使い方、歩き方共にまだまだ要訓練です。

No title

聞きしに勝る雪の少なさ!
6月中旬ですね。それにしても
北面へ行った方々がいたとは、尊敬です。
さすが本荘山の会ですね。

ばりこ嬢へ

そう、雪消えは相当進んでいます。
先日スキーで下山中に足を怪我されてDr.へりで搬送された方がいましたが、
おそらくあのクラックにひっかかって転倒したのではないでしょうかね。
いつもなら6月に鳥海山の斜面に現れるあの「女児の寝顔」の雪型が、
もう出かかっていますね。

No title

北面アップありがとう。
K氏は早い!余裕で下の方を見てました。
初めてだったので、山頂がどの辺かわからず、スリークォーターは少し水分不足でした。
K氏と私の写真があったなんてカンゲキ!
コンパクト・ポーリッシュグラシエーという感じでした。
楽しかったです。5人の皆様ありがとうございました。
S幸

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon