ドッ!ピーカン、2月の鳥海山へ初登頂!(詳報)

 2月21日(土)、待ってましたこの快晴。まさに「ド」がつくほどのピーカン、いつもであれば「いざ稲倉へ」ってところだけど今回は思い切って鳥海山へ、フォレスタ鳥海から猿倉ルートを経て七高山まで行ってきた。へろへろになって山頂へ着いたのは何と15時過ぎ。2月中にこの山頂に立ったのは初めてだ。詳報ご覧あれ!
DSC01706-1.jpg
 朝5時前に起床、先ずは10kg槽の洗濯機ににパンパンに入った家族5人分の洗濯物を干す。家事メンの日課である。それから山道具を愛車に積み込んで出発する頃には夜が明け始めた。空には低層の雲がたれ込めているが、その雲の合間から朝日に染まる鳥海山が見える。自宅から約1時間程の距離にある登山口・フォレスタ鳥海に到着、準備をすませて出発すると時刻はすでに7:50であった。
 奥山放牧場から鳥海山を望む。踏み跡の無い雪面がジツに美しい。

DSC01712.jpg
 1時間半程かかって堰口までたどり着いた。ここまではスノーシューの踏み跡が沢山ある。スノートレッキングツアーか?ゴミを燃やした跡が残っている点だけは頂けない。ここから先は全く踏み跡はない。そんな雪面を歩くのは気分が良い。しかし、しばらく行くと進路右手から新しいスキーのトレースが付いていた。先行者がいる。

DSC01714.jpg
 山歩きに小さなトラブルはつきものだが今回も早速トラブル発生。先ず右足の踵が靴擦れしてきた。これはそれ程ひどくないようなのでそのまま歩く。次が問題、スキーのシールに雪がくっ付いて取れない。まるで下駄のようだ。シールワックスはザックの中ではなく愛車のラゲッジルームの中である。スキーを脱いでシールに凍り付いた雪をはがし、スキーワックスを塗布してみた。最初は快調、しかしまた元通り、これがとんだ足かせとなり疲労感が増す。10:40二六小屋を通過する。


 7合目付近、時刻はもう11:20だ。8合目の七ツ釜避難小屋はまだ視界に入らない。できれば昼前には小屋に着きたかった。目にしみる汗の粒を何度も袖口で拭う。

DSC01722.jpg
 12:20、やっとの事で七ツ釜避難小屋に到着した。ここまでおよそ4時間半、予定より30分程の遅れだ。ここで先行者と合流する。先行者は地元鳥海町出身・埼玉県在住のIさん。小屋はこの通り雪に覆われているがチョット頑張れば上の戸は開きそうである。しかし天気は快晴・無風、無理する事も無かろう。外でIさんと並んで昼食、大休止する。

DSC01725.jpg
 小一時間休んだ後いよいよ山頂に向かう。竹内洋岳氏の言葉を借りれば「アタック」ではなく「サミット・プッシュ」だ。スキーアイゼンを装着して登り始める。スキーアイゼンを持たないIさんとは異なるラインで登る。

DSC01727-1.jpg
 山頂まで標高差であと300m程、ここからいよいよキツくなる。斜面左手に広がる奥羽山系の山々、左から焼石・栗駒・神室の山々がくっきりと見える。

DSC01733-1.jpg
 右手、急斜面の向こうに広がる日本海。

DSC01730.jpg
 斜面に深く刻まれたシュカブラが、この山の気候の厳しさを物語る。それにしてもこの自然の造形美には毎度敬服させられる。ここにスキーで傷をつける事を躊躇せずにはいられない。しかしそうしないと先には進めないのだ。

DSC01732_20150222185514b33.jpg
 先行するIさん、もう山頂は目の前だ。ザックに付けてある温度計は+5℃、スキーを脱がずに行けそうだが所々でスリップする。

DSC01734.jpg
 15:15やっとの事で山頂についた。歩き始めてから休憩も含め7時間25分。ちなみに去年の4月は同じコースを6時間半程で歩いている。もうクタクタ、ヘロヘロだ。山に登ってこんなに疲れたのは何時以来だろうか?同じ山岳会のデンキさんが中島台から新山に向かったはずだがもう帰っただろう。新山にはスキーのシュプールが沢山付いている。Iさんは奇しくも今回が夏冬会わせて140回目の鳥海登山だとのこと。そう言われてはて、我は一体何回目?数えた事無いわ。

DSC01738.jpg
 山頂から外輪山越しに月山を望む。もう日は陰ってきているのでゆっくりはしていられない。

DSC01741.jpg
 ここまで片道13km、標高差1,800m、さっさとシールを剥がして滑り降りる。1時間あまりの滑走の後、17:00明るいうちに無事フォレスタまでたどり着いた。

名称未設定

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はお疲れ様でした。
こちらも7時間もかかってしまい、新山に着いた時には、七高山には誰の姿もなく、すでに下山したものだと思っていました。
写真を見ると、そちらはシュカブラで滑りにくそうですね。こちらはシュカブラ、クラスト一切なく滑りやすかったです。
しかしあんなにヘロヘロになるとは・・・

すごい!!

すごいの一言です
ラッセル具合が気になるところです

次回、お誘い下さい(///ω///)♪

詳細報告楽しみにしてまつ

No title

凄いな~。
登りっぱなしの7時間は私には無理ですね。
デンキさんとのW登頂おめでとう御座います。

デンキさんへ

お疲れさまでした。
前回より1時間近くかかった理由はシールにこびりついた雪だけでなく
体力スタミナの低下でしょうなぁ〜(_□_;)!!
やっぱり遅くとも正月明けからはトレーニング再開しないとダメですわ。

oyazy師匠へ

詳報&コメント大変遅くなりました。
新雪の量はせいぜい2〜3cmと、ラッセルという程でもなく、
それよっか高下駄状態のスキーの方が辛かったですわ。
8合目までのIさんのトレースは、びんちゃんのいつものルートよりも右(北西)よりでしたが、
やっぱり付いて行っちゃうんですねぇ。

次回は何時になるやら分からんですがよろしく、です。

ヒゲゴジラさんへ

お久しぶりです。
びんちゃんはかつて自転車でも、センチュリーランなど長距離系がもっぱら得意でした。
でもこの年になり、昔の体力があると思うなよと思い知らされましたねえ。
トレーニングをさぼるとダメですわ。

写真展、近くなのに行けなくて残念でした。

No title

 いや~、あの日は今期最高の天気でしたね。
仕事中にチラ見しながらヨダレを垂らしていましたよ。(^^;;

 まぁ、私の方は一日遅れでダメ元だった割には楽しむことが
出来たのは幸いでした。厳冬期の鳥海山は、本当にピンポイント
で狙わないと登頂できませんね。そこがまた大いなる魅力だとも
思います。(^^

 

ファーマー佐藤さんへ

21日はホントに最高でした。休みが一日ずれちゃったのは残念でしたねぇ!
今回は我が体力の衰えや、トレーニング不足を実感させられる山行でもありました。
今度山に行かない週末は、ローラー台でのロードレーサーのトレーニングを考えてますよ。

ホームシアターの方のご指南もよろしく!

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon