2年ぶりの稲倉岳へ

 3月20日(月)春分の日、2年ぶりに快晴の稲倉岳へ行って来た。やはりよく晴れた前日、本荘山の会の会山行が稲倉岳で行われたが都合により参加できず、この日も単独行となった。

 登山口には先行者の車が3台あり、内1台はどうも見覚えがある。8:20出発、最近の不安要素はブーツである。踝とかかとの靴擦れに悩まされている。インナーソールを入れてみたらだいぶ緩和された。9:07七曲上部到着、おそらく昨日のものと思われるトレースがたくさん残っている。1時間後、樹林帯上部、左に鳥海山頂の双耳蜂、右に稲倉岳。

DSCF1284.jpg
 10:50、いよいよ森林限界上部のバカ尾根に取り付く。稲倉山頂は雲の流れが早く風が強まってきたが、ゴアのジャケットは着なくてもいける。

DSCF1287.jpg
 東側にはっきりと鳥海山頂が姿を表すがやはり雲の流れが早い。

DSCF1301.jpg

DSCF1304.jpg
 シュカブラが美しい。今日もカメラの装備はXT−1、操作に不慣れでまたミスってしまった。露出ブラケット撮影のつもりだったがフィルム・シミュレーションシミュレーション・ブラケットになっていた。補正せずに載せています。

DSCF1306.jpg
 山頂直下の岩に張り付いた海老の尻尾。先行者のうち3人パーティーがスキーで下山してきた。こちらも間も無く山頂。

DSCF1308.jpg
 11:50山頂着、3時間半で来たことになる。ここまでスキーアイゼンすら不要だった。ピッケルもアイゼンも持たず、カメラも軽量ミラーレスと、軽量化した装備のおかげであろう。そしてここで同じ山の会のDr.S氏とバッタリ、登山口の見覚えのある車はやはり彼のものだった。

DSCF1334.jpg
 鳥海山北面の景観ここに勝る場所なし。蟻の戸渡も絶景である。

DSCF1361.jpg

DSCF1363.jpg
 12:10下山開始、下山はDr.S氏のお勧めルートである東カールを滑り降りる。テレマーク歴30年の滑りはお見事。

DSC06007のコピー
 こちらは我が滑り、あまり道具のせいにはしたくないが、15年前のカービングスキーでこの重い雪を滑り降りるのはチョットきつかった。(photo by Dr.s)

DSCF1368.jpg
 滑り降りた斜面を振り返る。

DSCF1372.jpg
 カールを滑り降りた後は西側の樹林帯に入り、稲倉神社を通って下山した。13:10無事駐車場到着。今回の反省点は、日焼け止め塗るのを忘れた事。( ̄□ ̄;)!!


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高2、小5、小3の三児の父親、中島みゆきファン歴3年の初心者。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩みである。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw さらなる省エネ化を目指す。

snow crystals
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon