マイマイガの幼虫大発生!(閲覧注意)

 連休後半から我家のまわりにコイツらが大発生している。しかもあれから2週間以上が経ち成長している!毛虫が嫌いな人は見ないで下さいね。

 先週は町内の衛生組合で殺虫剤を散布したが効果無し。その後オヤジが高圧洗浄機で水を噴射したがこれも効果無し。

SANY0096.jpg
 で、地道にホウキとチリトリで掃く。15分程でこの通り。しかし後ろを振り返ると又いるのだわ。(ノ゚ο゚)ノ

SANY0099.jpg
 コイツらが何処からやってくるかと言うと我家の西隣にある神社。そこにはケヤキの大木が何本もあるのだが、見上げるとその枝や葉から糸を出して飛んでくる。画面にポツポツとあるのがコイツらだ。今年は風の強い日が多い。それも連日西よりの強い風、この風に乗って大量にやってくるのだ。

SANY0100.jpg
 1時間程でレジ袋にたっぷり幼虫。w( ̄o ̄)w 戦いは一体何時まで続くのか?夏の到来がこわい。( ̄□ ̄;)!!
スポンサーサイト

5連休過ごし方は

 今年のゴールデンウィーク、5連休は連日好天に恵まれるも山へは行かず・・・。

 2日はお仕事、3日は屋根と家のまわりの大清掃。我家の場合、太陽光パネルの下は影になりかなり汚れが溜まっていた。これが屋根の塗装には悪いとの指摘で高圧洗浄機で掃除する事に、息子にも手伝ってもらって一日がかりの作業、もうクタクタ。

SANY0089.jpg
 Before

SANY0090.jpg
After


DSC01882.jpg
 翌4日は休み、5日はこどもの日で家族サービス、お出かけ先は久々の小岩井農場、お〜岩手山も雪少ないわぁ!


DSC01887.jpg
 高1の長男はお留守番、次男三男と4人でお出かけ。入場料は無料だったが園内で親子4人で何かで遊ぶ度に千円札が2枚程消えて行く( ̄□||||!!

DSC01912.jpg
 園内で見つけたステキなチューリップは、春の光を浴びるとオヤジ好みのスケスケに・・・(;^ω^A

DSC01916.jpg
 このアングルもなかなか良いっす。しかし、まさか後ろのおばちゃんにどいてくれとは言えず・・・(=゚ω゚)


DSC02125.jpg
 連休最終日の6日はせめて板納めに鳥海山へぶらっと行ってみようかとも思ったものの、その雪消えの激しさは、我家の裏から見える鳥海山の姿からもはっきりと見て取れた。例年であれば6月山腹に見えるはずの「幼女の寝顔」の雪型がすでに見え始めていたではないか。お分かりですかな?
 つ〜事で戦意喪失、家で過ごす事に。もちろん家でもやる事は山積でして、息子らの宿題の催促に遊び相手etc・・・。

DSC01937.jpg
 藤城清治画伯の影絵も冬物から春〜初夏の物へとチェンジ。Before

DSC01939.jpg
 After、あ〜何故に休日は斯くも速く過ぎ去るものか。( ̄ω ̄;)

今年もまた鳥海山北面へ!

 4月26日(日)、快晴・風強し。本荘山の会の会山行で今年も鳥海山北面にトライしてきた。メンバーは計6名、こんたろう師匠・Dr.K氏・S幸氏・K玉君・びんちゃん・それにゲスト参加のH文氏だ。それにしても雪が少ねぇ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 7時25分祓川を出発する。う〜、この空の青さを見よ。ヽ( ´¬`)ノ

DSC02063.jpg
 雪が少ないだけではなく、雪面のクラックがあちこちにある。薮をさけクラックを避けながら歩く。今日の重要な忘れ物はな〜んとシール!こんたろう師匠から借りて事なきを得た。

DSC02065.jpg
 ルートファインディング中のK玉君。ちなみに、こんたろう師匠は一昨日北面基部までの下見をしてくれたとの事。

DSC02067.jpg
 ようやく北面がその勇姿を現す。ここまでおよそ1時間もかかった。

DSC02069.jpg
 この薮はいつも通る薮だが、今年はこれまで経験した中で最もひどい。ご覧の通り人の背丈を超える。K玉君はスキーを向こうに放り投げて超えていた。

DSC02073.jpg
 ようやく北面に向けて歩き出す。

DSC02079.jpg
 この斜面はいつも落石があるが今年は特に多い気がする。人の頭二つ分くらいの石も転がっている。

DSC02080.jpg
 9時20分、北面基部到着。ここでスキーを脱いでザックに括り付け、アイゼンを装着する。

DSC02082.jpg
 さ〜て、ここからいよいよ一気に標高差800m余りの急斜面へ、oyazy師匠曰くところの「キタカベ修行」の始まりだ。☆(●≧ω≦)9 先行するのはK玉君、速ぇ〜。次いでつぼ足のS幸氏、その後にびんちゃん。

DSC02083.jpg
 後ろを振り向くとH文氏、Dr.K氏、こんたろう師匠と続く。

DSC02086.jpg
 いつもの休憩地点の岩場に到着、稲倉岳と日本海を見下ろす。ここを登っている登山者は我々だけである。

DSC02098.jpg
 ようやく山頂直下、この2つの岩場の間を抜けると新山山頂だ。今日は斜面が凍っていないのでまだ楽な方である。でもアイゼン歩行はまだまだ下手、今日もズボンの裾に穴二つだ。

DSC02099.jpg
 見よ!この急斜面、ピッケルのピックを雪面に刺し、斜面に這いつくばって登る。

DSC02100.jpg
 12:25、ようやく新山山頂に到着。ふくらはぎがキツい。新山には数人の登山者がいたが、北面を登ってきたと言うと一様に驚いていた。山頂より日本海を望む。

DSC02102.jpg
 新山から七高山を望む。向こうに見える山は焼石岳。

DSC02103.jpg
 その右隣に栗駒山。

DSC02105.jpg
 さらに月山。K玉君はびんちゃんより1時間も前に到着!(ノ゚ρ゚)ノ

DSC02108.jpg
 新山山頂前で記念写真、Dr.K氏はかなりキツそうです。

DSC02110.jpg
 この後北面を滑り降りる手もあったが、またあの薮を超えたり登り返したりするのがいやなので、七高山に回り込んで下山する事にした。

DSC02112.jpg
 千蛇谷の雪の様子。かなり少ないでしょう。七高山に抜ける途中、ここが風の通り道になっており爆風が吹く。

DSC02116.jpg
 14:00、七高山到着。日本海を見下ろす。

DSC02117.jpg
 七高山から祓川まで滑り降りる途中で振り返る。

DSC02120.jpg
 しかも斜面はあちこちにご覧の通りのクラックが出来ている。おそらく急激な雪消えによって出来たものと思われるが。

DSC02121.jpg
 八合目、七ツ釜の避難小屋の上から祓川ヒュッテを見下ろす。雪の少なさがお分かりであろうか。

DSC02123.jpg
 14:50無事下山、今回もなかなか厳しい修行であった。(-_-;)・・・(完)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon