「フォレスタ鳥海」より鳥海山へ

 3月29日(土)、好天を予想して鳥海山へ出かけた。前夜、本荘山の会の会員宛にメールで同行者を募ったが、賛同者はおらず単独行となった。予想通り天気は良かったが風が強く気温は高い。八合目まで行くのがやっとだった。

 そういえば、去年の同じ時期におやぢ師匠と出かけたときには九合目近くまで登り、ガスで山頂は断念したっけ。(去年の記事はこちら)

DSC00702.jpg
 自宅から車で1時間ほどで「フォレスタ鳥海」に着く。この間の車の外気温表示は、濃霧の雄物川を超える時に-2℃、その後徐々に気温は上昇し、フォレスタで14℃まで上昇した。「フォレスタ鳥海」から猿倉ルートへの道路の除雪はまだ全然手つかずの状態だ。7:55出発、初めはきれいに山頂が見えていたが、奥山放牧場へ来る頃にはご覧の通り雲がかかる。刻々と形を変える雲が風の強さを感じさせる。

DSC00703.jpg
 途中こんな足跡がいくつもあった。けっこう大きい、もしかしてクマさん?堰口に到達する直前、いきなり背後から爆音が響く。4台のスノーモービルのご一行様、風の音ですぐ後ろに迫るまで気がつかなかった。もう少し大人しく走れねーのかい?跳ね上げる雪がこっちの顔までかかってきたわい。

DSC00704.jpg
 山頂を覆っていた雲は次第に広がってきた。さて、何処まで行けるだろうか。お花園湿原付近で下山してくる2人の登山者とクロスする。仁賀保高校山岳部の顧問と生徒であった。前日祓川で一泊し、この日山頂を狙ったが強風のため断念したという。

DSC00705.jpg
 これ以上風が強まれば飯も食えない。11:00、強風を背にして大休止する。標高1,160m、ザックの中身を飛ばされないよう要注意だ。

DSC00710-1.jpg
 実は二六小屋にもスノーモービルが2台止まっていたのだが、彼らは車に大量の標識を積み込み、アルペンスキーのポールをを立てるドリルを使って、二六小屋と八合目の避難小屋との間に標識を立てていった。ありがたい。「ご苦労様です。」と礼を言いたいところであるが声が届く距離ではない。この標識にそって七ツ釜避難小屋まで行く。画面右端の方に小さく小屋が見えるのがおわかりであろうか。

DSC00713.jpg
 12:45ようやく八合目、七ツ釜の避難小屋に到着した。去年より雪は多い。強い風と共に上から砂粒のような雪が吹き付けてくる。早めに退散した方が良さそうだ。しかし気温が高すぎて雪質は最低の腐れ雪、スキーを楽しむどころではない。14:35ようやく下山。体力の衰えを感じずにはいられん。(;´ρ`)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

三男の卒園式

 3月14日(金)は、こひつじ幼稚園年長組の三男の卒園式だった。

 今年の卒園児は13人と少ない。一人ずつコメントを付けて園長先生が卒園証書を園児に手渡す。誰の目にも一番落ち着きのない我が息子だったが、無事卒園証書を受け取る三男。しかしこの後皆勤賞で、一人だけ表彰を受ける事ができた。親も気がつかなかった1ヶ年皆勤である。

DSC00679.jpg
 思えばこひつじ幼稚園には本当にお世話になった。現在小2の次男も三男も、認定こども園としての「ろばの子保育園」から在籍していた。中2の長男のときから計9年ほどお世話になった事になる。また実は、オヤジ自身もここで2年間過ごしたOBでもあるのだ。この年にしてようやく幼稚園から離れる事ができたか、という思いがある一方、少々寂しくもあるなあ。(´ρ`)

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

秋田駒ヶ岳 男女岳山頂へ

 2月27日(木)、好天に恵まれたこの日は代休でお休み。前回八合目までで撤退した秋田駒ヶ岳へリベンジ!休みなのは家族の中で自分だけなので、決して早出はできない。5時起きで洗濯他の家事を済ませてから山行の準備をし、中2の息子を学校へ送り届けてから山へ向かった。平日なので渋滞にも巻き込まれ、登山口のアルパ駒草に着くとすでに9:30だ。駐車場で準備をしていると、山スキーを履いた登山者が一人、笑顔でこちらに近づいてくる。「ん〜っ!」我が勤務先の事務方のボスHさんではないか。彼は高体連山岳競技の審査委員長を務める程の生粋の山男なのだ。前日は超忙しくって、山の話なんかしてられなかったけど、お互い考える事は同じだったのねえ。共に山頂を目指す事にした。


DSC00578.jpg
 9:57登山口出発、圧雪された旧アッスルスキー場の斜面をひたすら登る。右手には目指す駒ヶ岳がそびえる。

DSC00581.jpg
 天気快晴、気温も高く微風、ゴアテックスのアウターシェルを脱いで登るがそれでも暑い。木々の霧氷は全て落ち、もう春の雰囲気だ。

DSC00583.jpg
 11:06片倉沢を過ぎてしばらく行くと右手に駒ヶ岳の山体がせまる。

DSC00584_20140303172122f10.jpg
 八合目の小屋が見えてきた。いつも思うけど、小屋が見えてから着くまでがけっこう長く感じる。左手には笹森山の斜面。

DSC00585_201403031758525a9.jpg
 11:40八合目に到着、小屋の北側にはビッシリと雪が凍りついている。小屋の戸が開いていたのか、中にはかなりの雪が吹き込んでいた。小屋の中でゆっくりと昼食をとる。

DSC00588.jpg
 12:25、山頂に向けて出発だ。少し風が出てきたが問題はない。唯一の問題はアンヨ、踵に靴擦れが起きて痛い。

DSC00590.jpg
 右手には目指す男女岳の東側斜面が迫る。

DSC00602.jpg
 そして左手には焼森の斜面。ここで3人のテレマーカーが下山してきた。男女岳の斜面は所々凍っているという情報を得た。

DSC00607.jpg
 後ろを振り返ると岩手山、乳頭山、八幡平、森吉山がくっきりと見えた。

DSC00609.jpg
「あんまりおいしい斜面じゃなかったけど食っちゃった」っというテレマーカー氏の話、これが彼らのシュプールかな?

DSC00612.jpg
 13:00阿弥陀の小屋が見えてきた。

DSC00616.jpg
 ここから男女岳の山頂を目指す。足の踵はもう限界、かなり痛い(ノω・、)。

DSC00625_20140303182735fe9.jpg
 13:30、男女岳山頂到着。やはり上部の斜面は所々凍っており、途中でスキーアイゼンを装着した。晴れてはいるが風が強い。

DSC00619.jpg
 山頂から男岳を望む、背後の田沢湖は少々かすんでいる。

DSC00620.jpg
 阿弥陀池を眼下に横岳方面を望む。画面左端に人が二人いるのがお分かりだろうか。

DSC00626.jpg
 こちらは乳頭山、真っ白い乳房に黒いビーチク、名前の由来通りだ(´⊆`*)。こうしている間に雲が広がってきた。今日の天気予報は夕方から雨または雪、予報通りだ。13:45シールを外して下山を開始する。どうもスキーの滑りが悪い。やっぱりワックスが必要だ。

DSC00630_201403031838128d9.jpg
 14:00、八合目到着。14:20アルパ駒草到着。靴下を脱いでみたら右足は10円玉大の皮がベロっと剥けており、左足にもマメができていた。次は何かしら対策をとらないとダメだわ(ノ△・。)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon