5月のN.P.P.運転状況

 遅ればせながら5月の発電量レポートを提出。5月の発電量は平年並みに回復、しかし天候不順で寒い日々が続いたせいで、電力の消費量は過去3年で最大だ。床暖もなかなか止められなかったなあ。東北電力の値上げ時期は予定より遅れそう、しかも値上げ幅は当初より圧縮されそうでホッ!
5月データ
 また表示形式を変更した。売上げの30,192円は、我がN.P.P.操業史上2番目の記録だ。6月上旬の連日した晴天が幸いした。ちなみに最高記録は2011年8月の31,536円也。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

和賀岳交差縦走〜花々に癒されて〜

 6月9日(日)、本荘山の会の会山行「和賀岳交差縦走」に参加した。この山行、知らぬ間に担当がびんちゃんになっていた。(。=`ω´=)ぇ?参加者はびんちゃんの他こんたろう師匠、H山さん、K崎さん、K川嬢の5人と少ない。聞く所によると、会の精鋭部隊は鳥海山百宅コースに出かけたとか。板納めにはもってこいだからなあ。というわけで、師匠とK川嬢が秋田県側・甘露水登山口から、びんちゃん以下3名が岩手・高下口から入山した

 岩手県側から登るのは14年ぶり2回目である。先ずは登山口までのアプローチが大変だった。林道をしばらく走るわけだが、途中大きな倒木や道路が決壊しかけている箇所等、難所がいくつかあった。これらをようやくパスして7:40高下登山口(520m)出発。最初に出迎えてくれたのはスミレサイシン。

DSC09714.jpg
 サンカヨウは今シーズンお初、今日は花の撮影に備え、愛機α700にMinolta50mm Macroをセットしてきた。ん〜どうも光の案配が悪い。

DSC09718.jpg
 しばらく歩くとブナ林に入る。やっぱり和賀のブナ林歩きは最高に気持ちいい。朝のうちはどんよりした天気だったが次第に晴れてきた。ブナの木の合間から目指す和賀岳が顔をのぞかせていた。

DSC09722.jpg
 お次はツバメオモトの白い花。

DSC09725.jpg
 そしてムラサキヤシオツツジのピンクが目を引く。740mの赤沢分岐を過ぎると急登が続く。

DSC09730.jpg
 860mの高下岳との分岐を過ぎ、930mまでひたすら登る。ここのイワカガミは白っぽい花が多い。

DSC09732.jpg
 そこから今度は一気に200m程高度を下げると難所の和賀川だ。雪解け水で水量は多い。何処を見てもそのまま渡れそうな場所はなかったので靴を脱いで渡ることにした。その水の冷たいことと言ったらない。K崎さんの徒渉の様子が下のムービーに収められている。そう、今日はムービー用にNEX-5も持ってきてある。9:40徒渉完了。

DSC09745.jpg
 和賀川を渡ると再び急登の始まりだ。大柄なカタクリがこんなにも可憐に咲いていた。

DSC09747.jpg
 そして何カ所か雪渓が現れた。前夜おやぢ師匠から、今年は異常に雪が多いので、マーキングをしながら登るようにと注意を受けていたのでピンクテープを持参、我々は帰りはここを通らないが、ここを降りるこんたろう師匠らのためにマーキングをする。雪解け脇にはショウジョウバカマ、この花なかなかきれいに咲いてくれない。

DSC09750.jpg
 11:20、ようやく稜線のコケ平に着いた。和賀岳山頂はガスで見えたり見えなかったり、アマ無線で師匠と交信をする。向こうは小杉山を過ぎて15分程とのこと。H山さんらがあまりに空腹を訴えるのでここでランチタイム。

DSC09752.jpg
 ここからは快適な稜線歩き。道脇にはミツバオウレンがひっそりと咲く。

DSC09762.jpg
 そして本日の主役登場、紫色の濃〜いシラネアオイ。

DSC09766.jpg
 高下岳はず〜っとガスに覆われたままだった。12:05師匠から山頂に着いたと交信あり、我々もその5分程後に山頂到着。ホントいいタイミングだ。

DSC00982.jpg
 山頂で車の鍵を交換、5人で記念写真。残念ながらガスであまり展望は利かない。ここで2回目のランチタイムを済ませて12:40下山開始。

DSC09770.jpg
 降り始めて間もなくチングルマ発見。あまり大きな群落はなさそうだ。

DSC09773.jpg
 これはオオバキスミレかなあ?

DSC09774.jpg
 ミヤマキンバイ H山さんは花が咲いてなくても葉っぱで植物が分かるからたいしたもんだ。で、H山さんとK崎さんの会話
 K崎「この花何だべな?」
 H山「んだなあ、これなばフツーの花だな」
 一同「・・・(爆)」

DSC09779.jpg
 ミネザクラもほぼ満開、良い色をしている。

DSC09795.jpg
 ここのシラネアオイはとっても良い色だ。紫が濃い〜!

DSC09801.jpg
 みんなきれいなもんで素通りできない。写真を撮っていると先へ進めない。

DSC09802.jpg
 中学時代の美術の先生がこんなことを言っていたのをふと思い出した。「紫色の服というのは美人じゃなければ似合わないもんだ。それも普通の美人じゃだめ、かなりの美人でないと絶対似合わない。」ここのシラネアオイ達は、皆とびっきりの美人だよなあ。

DSC09818.jpg
 これは何だろう?フツーの花ではないよなあ(*´∀`)

DSC09820.jpg
 サワハコベ
小杉山13:35、16:15甘露水登山口到着。待ち合わせの横手イオンに17:35に着いたが向こう側はまだ到着していない。しかも電話も通じない。もしや何かあった?と心配した。どうやら下山途中の和賀川徒渉でK川嬢がドボンしちゃったとのこと。携帯が水没、まあ身は無事で良かった。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村








 

ぶらっと真昼岳へ

 しかしよくもまあこんなに晴天が続くもんだ。ソーラー発電やってる我家にとっては好条件なんだけど、農家は大変だよなあ。びんちゃんは今年はかなり忙しくて、休みの日も山どころではないのだけど、こう天気が良いとやっぱり山へ行きたくなる。で、6月2日(日)午後になってからぶらっと真昼岳に出かけてみた。赤倉登山口を出発したのはななんと3:30!真昼岳の花々やブナ林、そして眼下に望む仙北平野の景観にいやされた2時間ほどの山歩きであった。

 先ず目に付いたのはニリンソウの群落。以下今回の花々の撮影はSONY NEX-5+KENKO MCクローズアップレンズNo3にて撮影。

DSC00929.jpg
 イカリソウ

DSC00933.jpg
 オオバキスミレかな?

DSC00935.jpg
 ミヤマカタバ

DSC00942.jpg
 シラネアオイ

DSC00936.jpg
 カタクリがまだあった。かなり大柄なべっぴんさん。

DSC00960.jpg
 イワウチワ

DSC00978.jpg
 真昼のブナ林は大好きな場所、この景色と鳥のさえずりに癒されるのねえ!

DSC00951.jpg
 萌え出たばかりのブナの葉っぱ、フワフワの毛っこがめんこい。

DSC00975.jpg
 760m地点、眼下に広がる仙北平野の田圃がまるで鏡のようだ。最後にこの景観を見られればあとは大満足。4:55下山開始、5:40登山口到着、熱っついコーヒーを一杯飲んでから帰路についた。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高2、小5、小3の三児の父親、中島みゆきファン歴3年の初心者。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩みである。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw さらなる省エネ化を目指す。

snow crystals
最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon