第18回八幡平樹氷ツアー

 2月24日(日)、鹿角市山岳会主管の「八幡平樹氷ツアー」(略してHJTなんちゃって(;^ω^A )に参加してきた。去年は親父が亡くなった直後で参加見合わせ、一昨年は仕事で参加できなかったので3年ぶりである。前日夜6時から結団式と称する飲み会があるのだが、滑り込みで5時半に到着。で、参加者名簿を見てビックリ!一般参加者はびんちゃんを含めなな何と4人しかいないではないかw( ▼o▼ )w。常連の鷹巣山岳会T中氏や宮城県から駆け付けるK沼さんまでいない。T中氏は第1回から前回まで皆勤賞だったけど17回にして途切れたそうな。ちなみにびんちゃんは9年前に初参加して以来5〜6回目くらいかな。他の3名は公園管理事務所?の所長氏と東京と埼玉からの美熟女2名也。てなわけで鹿角市山岳会の皆さんから大歓迎される。テーブルの上には自家製の白く濁ったお酒やらヤマブドウ酒まで並べられ、会は大いに盛り上がる。おかげでまたや翌朝は二日酔い(;-_-) 。

 出発前、宿舎である八幡平レークインにて記念撮影。リーダーは鹿角市山岳会の新会長A部さんだ。この日の天気予報は暴風雪((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ。この他に当日参加の山岳会メンバーが加わり、総勢12名で出発する。朝のうち風はさほど強くはないものの、雪が激しく降り続く。出発地点である秋田八幡平スキー場の気温は-10℃。みんな元気!

DSC09300.jpg
 リフト終点のスタート地点を出発して間もなく、「蒸ノ湯休憩所」の道路標識が出てくる。この標識の高さで積雪量が分かる。ちなみに標識の下端は道路から4.5mはあるというからこの地点で4m程の積雪か。

PICT0019.jpg
 ちなみにこちらは7年前の2006年3月5日の際の写真。この年も大雪だったなあ。雪の量は同じくらいだ。

DSC09303.jpg
 雪が深く、時に膝丈程の雪を交代でラッセルしながら登る。スキートップが雪に潜ってしまう程である。当初の計画では八幡平山頂(1,604m)を経て陵雲荘にて昼食後下山する予定であったが、悪天候のため計画を大きく変更せざるを得なかった。残念であるがここ1,409m地点にて引き返すこととした。樹氷原まであと少し、全行程の半分弱である。

DSC09309.jpg
 帰りは大深温泉にて昼食をとってから帰ることと計画を変更した。ここは冬は無人だがオンドルで温かいのだと言う。しかし行ってみるとこの雪、あまりに雪深くて入ることを断念せざるを得なかった。また、スキーにシールを付けたまま下山中に右足のシールが外れた。後ろを歩いていたN井さんが気づいてすぐに探したが、いくら探しても見つからない。「なんたる失態であることか!」

『ぼくのシール』  びんちゃん
母さん、僕のあのシール、どうしたでせうね?
ええ、第18回八幡平樹氷ツアーで、
下山途中に無くしたあの右足のシールですよ。

母さん、あれは好きなシールでしたよ。
僕はあのとき、ずいぶんくやしかった、
だけど、気がつかないうちに外れちゃったもんだから。

母さん、あのとき後ろから山岳会の人が来ましたっけね。
元会長のI波さんとN井さんが。

そして見つけようとしてずいぶん骨折つてくれましたっけね。
だけどたうたうだめだった。
何しろ深い雪で、それにみるみる雪が降り積もってゆくんですもの。



てなことでシールは諦めて下山。スキー場上部でもう片方のシールを剥がそうとするとペラッといとも簡単に剥がれるではないか。素手でスキーに触ると手がくっ付きそうな程冷たい。低温のためシールの粘着が弱っていたようなのだ。最後にスキー場の斜面の滑りを楽しもうと思ったのだが大間違い。下から吹き付ける雪と風で視界がほとんど利かない。また雪温が低すぎるせいかスキーが全く滑らないのだ。1本滑り降りる間に顔面が凍傷になるのではないかと思ったほどだ。13時頃宿舎に到着してから昼食をとって解散となった。
 帰りにも問題発生、高速道路が全線通行止め( ̄▽ ̄;)!!ガーン、下道のR282やR107も所々渋滞で4時間40分もかかって帰宅した。ちなみに下は5年前のツアーの様子、この時はYouTubeの「おすすめ動画」にランクインし現在2万5千回以上の再生回数になっている。せめてこんな樹氷原を拝みたかったなあ( ̄。 ̄)




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

竹内洋岳さんと塩野米松さんのトークショー

 2月9日(土)、角館町で行われた標記トークショーに行ってきた。天気が良ければ、午前中に駒ヶ岳にでも登ってから行こうと思ってたんだけど、あいにくの天気でパス。会場の角館樺細工伝承館は満席、2時間余りのトークショーを楽しんできた。

 最初に竹内さんの今までの活動を収めた13分程の映像を見る。先日放送されたNHKの番組内容とかぶるシーンもあるが、今回初めて目にする映像もある。その後竹内さんと塩野さんが会場後方から登場してトークショーが始まった。塩野さんは「初代竹内洋岳に聞く」の著者で、ここ角館町の出身なのだ。竹内さんは角館にこれまでも何度か来たことがあり、あの佐藤隆さんと一緒に和賀岳でキノコ採りをしたこともあるそうな。なお本は現在品薄気味、Amazonでも在庫は十数冊よ。
 トークショーは塩野さんが竹内さんにいろいろなことを質問してそれに竹内さんが答える形。最初は8,000mの世界ってどんなところ?という話で始まった。それから14座登頂の歴史や意義・ルールについて、14座の山頂はそれぞれどういうところか、極地法とアルパインスタイルについて、高度順応について等々、どれもこれも興味深い沢山のお話を聞かせていただき、2時間があっという間に過ぎていった。最後に高校生から質問が寄せられ、トイレはどうするの?小用はテント内でnalgeneのボトルにするとのこと、慣れるとシュラフの中でもできるって!w(*゚o゚*)w


DSC00629.jpg
 終了後、塩野さんの著書にサインをしてもらった。ついでに握手も、大きくてあったかい手だったなあ\(*T▽T*)/本は先日Amazonで買ったんだけどまだほとんど読んでないのよねえ。(右下のブクログ見てちょうだい)

DSC00630.jpg
 こちらは著者の塩野さんのサイン、塩野さんはびんちゃんの大学の先輩にあたる。以前大学の秋田県支部の同窓会にもいらしたことがあるとのこと。知らなかったなあ。ヾ(- -;)

 次は全く別の話。一週間前に長男が部屋の中でチョットした遊びをしていて左目に怪我をしてしまった。角膜裂傷で秋田大学付属病院に入院。真ん中辺がザックリと裂けた。傷は何とかくっつき、感染症の心配もほぼ無くなった。しかし左目の視力が元通りに戻ることはない。現在0.05、これが何処まで回復するかはわからない。今日何とか退院したものの全く世話が焼ける息子だ。(≡д≡)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

1月の発電量&これまでの収益レポート

 大雪の日々が続いていたけど、ここに来てようやく一服感がありますねぇ。昨日2月1日は一日中好天に恵まれ、発電量は22.0kwhを記録しました。売電量も17kwhを超え今冬のMax記録です。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪もうすぐ節分、このまま雪が落ち着いてくれれば良いんだけど、そうはいかないでしょう。例年立春から雨水の間にもう一荒れ来るのが普通じゃない?
2013.jpg
 さて、先月(2013年1月)の発電量レポートです。発電量は奇しくも昨年と同じ、前半は苦戦したけど最後の好天で去年に並びました。消費量がやや少ないってことは、1月の寒さは去年より少しはましだったってことでしょう。売上げも伸び、まずまずってところでしょう。過去2年平均比ではかなり数字が伸びてるけど、これは2年前の値がひどすぎたせい。あの時は太陽電池パネルの雪かきを全くやらなかったんでひどかったです。
 ところで、先月は2012年の収入として239,060円と概算しましたが、先日これを細かく計算してみました。我家の東北電力の料金プランは「時間帯別電灯A(やりくりナイト8)」で、日中の電気料金は90kWhをこえ230kWhまで が26.75円/kwh、230kWhをこえると28.66円/kwhとなります。そこで、毎月発電した電力量のうち、自家消費にまわった電力量にこれらの値を掛けて、金額を算出しました。その結果、自家消費した電力量は金額にして2011年が56,175円、2012年が60,517円と予想を上回る金額でした。太陽光発電をやっていなければ、この分だけ電気料金が上乗せされていたわけで、これらも収入と見なすことができます。東北電力への売電収入は2010年:2,208円、2011年:185,952円、2012年:195,840円、2013年1月:3,009円でした。さらにこれらを入れて再計算すると、これまで26ヶ月(2010年12月〜2013年1月)の合計収入金額は506,116円となることが分かりました。これは嬉しい誤算です。ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!でも設備投資は260万円以上かかっているので、回収率はまだ20%以下ですね。いずれにせよ10年ではまだ元が取れません。最初の10年は48円/kwhと好条件での買い取りですが、報道によると太陽光発電の普及によって買い取り単価がかなり下がりそうですね。今のうちに頑張って稼いでもらわないとねぇ。
 ところで「SOLAR CLINIC」に我がNPP(Needy power plantの略)のデータがアップされていました。ランキングも結構いい感じです!こちらからご覧ください。

DSC00606.jpg
 これは屋根の下の雪山、太陽電池パネルの上に積もった雪は一カ所から落とすのでこんな感じになる。まるで成層火山w(゚o゚*)w。我家はご覧の通り陸屋根でパネル架台の設置角度が20°しかない。従ってしょっちゅう屋根に上がって雪かきをしなければならないのよね(*´ο`*)。結局架台が雪国仕様ではないってこと。これだけが誤算でしたね( ̄□ ̄;)!


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon