快晴の鳥海山で板納め

 5月21日(日)、鳥海荘主催行事「百度石の会」が行われた。要項よく見ずに当日参加できるものと勘違い。(;^ω^A まあ本荘山の会の会員もたくさんおり、「一緒に登るべっ」ということになった。

 6:50頃祓川駐車場到着、出発準備をしていると見覚えのある白い車が到着、久々にばりこ嬢とご対面。この日は矢留山岳会のメンバーと登るとのこと。
 百度石・・の参加者は何班かに分かれて出発していた。自分は最後の組から遅れること数分、7:35祓川を出発する。快晴で気温も高め、今日はゴアのシェルや雨具はいらない。水分だけはたっぷりと装備した。


DSCF1505.jpg
 しばらくして最後の組と合流、このうち本荘山の会の何人かは前日クマガイソウを見に安達太良山に行ってきた人たちだ。連チャンの山登りお疲れ様。どうもペースが合わず先行することにした。 

DSCF1510.jpg
 撮影機材は今日もX-T1+XF18-55レンズにPLフィルターを装着、EVFはPLの効果がわかりにくいのが欠点だ。ベルビアモードだがこの空の青さよ!残月が見えていたが写っていない、残念!

DSCF1512.jpg
 2時間半ほどで舎利坂に差し掛かる。空は前日に比べ霞がかかっており、今月3日のように遠望は効かない。今日は雪が柔いので八合目からはスキーアイゼンを装着している。

DSCF1513.jpg

DSCF1514.jpg
 10:25、七高山に到着、会長とT谷さんそして魁新聞の記者が先行して到着していた。その後続々と百度石・・の参加者計60名ほどが到着し、山頂付近は大混雑である。新山や稲倉岳の雪もだいぶ消えた。

DSCF1517.jpg
 百度石・・の記念撮影にもちゃっかりおさまり、12:00頃下山する。会長が先行、2番手テレマークのT谷さん、3番手びんちゃん、しかし人が多くて荒れた斜面+重い雪で滑りにくい。

DSCF1518.jpg
 止まって振り返ると百度石・・の参加者が蟻の行列のように見える。

DSCF1527.jpg
 結構藪が出ているので下山の際のスキーの進行方向には要注意だ。しかし会長に付いていけばまず安心。しかし最後、祓川上部で藪に突っ込んでしまった。(|||ノ`□´)ノオォォー!! 12:50無事下山。雪はまだあるが今年はこれにて板納めだ。
 6月17〜18日、自転車レース「鳥海山ヒルクライムfrom日本海」が開催される。これに出るかどうか思案中。σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

快晴の鳥海山北面へ

 5月3日(水)憲法記念日、恒例の鳥海山北面に単独で挑戦した。当初の計画では4月29日の予定だったが悪天候により中止、3日の山行を会員諸兄に呼びかけるものの賛同者はなし。Σ( ̄ε ̄;|||・・・このルート、単独で行くには多少なりとも勇気がいる。しかし天気は快晴・微風と好条件、去年とは違いラッキーであった。

 7:20祓川を出発、この冬は雪が少なかったが、春先の天候不順のためか雪はたっぷりと残っている。

DSCF1452.jpg
 それでも北面基部に出るまでに2回の藪漕ぎは止む無しか。途中ルートミスにより時間がかかった。先行者は遥か彼方に1名のみ。

DSCF1455.jpg
 ようやく北面が顔を出す。ここからこの斜面を見ただけで心拍数が上がる。今日はうまく登れるか。9:20、2時間かかって基部まで来た。

DSCF1458.jpg
 いつものようにここでスキーを脱いでザックに括り付けてアイゼンを装着、手にはピッケルを持って出発する。時刻は9:30。柔い斜面だが足の沈み込みは少ない。それでも先行者のトレースを辿ると楽である。スノーボーダーが単独で滑り降りて来た。

DSCF1460.jpg

DSCF1462.jpg
 10:50、1時間20分ほどで途中1,800m付近の岩稜帯まで来た。ここでおにぎり2個を食い大休止する。下を見下ろせば稲倉岳・外輪山の彼方には飛島が、そのはるか右には男鹿三山、さらに右の白い山は森吉山か?

DSCF1463.jpg
 上を見上げれば益々きつくなる斜面。山頂まではまだ標高差で400mある。

DSCF1471.jpg
 岩場にカメラを置いて自撮りする。今日はヘルメットを装着するが顔を上げるたびメットがにスキーに当たる。何か良い方法はないものか。

DSCF1472.jpg
 11:15出発、いよいよここからが北面の核心部である。なにせこの斜度である。凍結していないのが幸い。(-。-;)雪面に突き刺したピッケルの穴が青い。

DSCF1475.jpg
 2,000m付近からの外輪山のピーク。

DSCF1478.jpg
 いよいよ最後の壁に挑む。両手で雪面に差し込んだピッケルに捕まっては左右の足を交互に雪面に蹴り込んで登る。アイスバーンよりは登りやすいが雪が柔いのでスリップしないように注意が必要だ。

DSCF1480.jpg
 何と言ってもこの斜度である。登り切るまで気が抜けない。

DSCF1481.jpg
 12:30、新山山頂到着。基部から大休止の時間込みでちょうど3時間かかった。月山がくっきりと見える。その右奥は朝日連峰さらに飯豊連峰であろう。

DSCF1482.jpg
 七高山山頂はかなりの賑わいである。その向こうに見えるのは焼石の山々。

DSCF1485.jpg
 新山山頂で撮ってもらった。

DSCF1483.jpg
 新山山頂より外輪山を望む。向こうに見える山は同定できず。どうも不勉強です。
...ヽ( ´_つ`)ノ ?

DSCF1491_20170507143756d16.jpg
 下山は七高山経由で行くこととする。休憩後再びザックとスキーを背負い歩き出すとアイゼンをズボンの裾に引っ掛けて転倒した。何度も同じことが起きそうになる。ズボンの買い替えどきか。外輪山、千蛇谷と神社小屋。

DSCF1493_20170507143758bdb.jpg
 七高山は大変な賑わいである。ここでスキーに履き替えて13:30下山開始。午後の日差しで雪は柔くなかなか滑りにくい。

DSCF1496_201705071437594d5.jpg
 途中山頂を振り返る。13:55無事下山、駐車場で山の会のOyazy師匠、鉄人K玉君、カメラマンO氏とばったり会う。この天気でうちのメンバーが誰も来ていないわけはない。でも北面行ったのは自分だけだった。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村






 

鳥海山猿倉コース、途中撤退

 4月22日(土)は所属する「本荘山の会」の総会。この日は曇りで時折本降りの雨が降る天気だったが、翌23日の予報は曇りのち晴れ。総会後の懇親会でデンキ氏やDr.K氏と明日はどこへ行く?中島台?などと相談する。自分は最初っから慣れた猿倉コースを行くつもりで、ゲートが閉鎖されていた場合に備え、車にMTBを積み込んで総会に参加していた。ところがT谷氏から「今日猿倉から1,900m地点まで行ってきた」との情報が入る。もう猿倉の駐車場まで車で行けるらしい。ならば猿倉で話は決まったが今夜は飲み会、おまけにDr.K氏は明日の朝町内会の仕事があるらしい。とのことで、それぞれ別行動で猿倉から鳥海山に入山することになった。
DSCF1381.jpg
 22日夜は本荘市内のホテルに一泊、朝方は雨降ったらしい。徐々に晴れてくる予報なので朝はゆっくり寝てから登山口に向かう。8時20分くらいに駐車場に着くと5〜6台の車、デンキ氏の車もあるようだ。結構寒く、舎利坂は凍っているだろう。久々にアイゼンとピッケルを装備する。そうしている間にも続々と車が入ってくるがDr.K氏はまだ来ない。8:45単独で出発する。

DSCF1383.jpg
 二六小屋の脇を登って行くとしばらくして赤いポールが20〜30mほどの間隔で立っているが視界はきかない。幸い風は弱いが次のポールがやっと見えるほどだ。このポールとかすかに残る先行者のトレースを辿って登って行く。しばらくして一人スキーで滑り降りてきた。七ツ釜の避難小屋で引き返してきたとのこと。さもありなん。またしばらく行くと二人が滑り降りてきた。デンキ氏とK川嬢だ。小屋まで行かずに降りてきたとのこと。できれば小屋まで行くと告げて先を行く。

DSCF1384.jpg
 さて、ガスが一段と濃くなり次のポールが見えない。GPSを取り出すと小屋まであと少しである。暫し立ち止まって濃いガスが引くのを待つが、やはり次のポールは見えない。1,500m地点、ここで撤退の決断をした。振り向いて滑り始めて間もなく、雪上車が2台上がってくる。由利本荘市のパトロールの雪上車だ。ポールを立てながら登ってきたとのこと。私が見失ったポールが最後だったようだ。車についていけば小屋までは行けるがすでに戦意喪失、10:20シールを剥がして下山する。10:45猿倉登山口到着。わずか2時間だったが思ったより疲れた。トレーニング不足による体力の衰えを感じる。さて、来週はいよいよ北面、大丈夫か (゚ペ)?
 夕方外へ出てみたら鳥海山がスッコーンと見えるじゃないか。( ̄▽ ̄;)!!ガーン 午後から行ったら正解だったかも


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2年ぶりの稲倉岳へ

 3月20日(月)春分の日、2年ぶりに快晴の稲倉岳へ行って来た。やはりよく晴れた前日、本荘山の会の会山行が稲倉岳で行われたが都合により参加できず、この日も単独行となった。

 登山口には先行者の車が3台あり、内1台はどうも見覚えがある。8:20出発、最近の不安要素はブーツである。踝とかかとの靴擦れに悩まされている。インナーソールを入れてみたらだいぶ緩和された。9:07七曲上部到着、おそらく昨日のものと思われるトレースがたくさん残っている。1時間後、樹林帯上部、左に鳥海山頂の双耳蜂、右に稲倉岳。

DSCF1284.jpg
 10:50、いよいよ森林限界上部のバカ尾根に取り付く。稲倉山頂は雲の流れが早く風が強まってきたが、ゴアのジャケットは着なくてもいける。

DSCF1287.jpg
 東側にはっきりと鳥海山頂が姿を表すがやはり雲の流れが早い。

DSCF1301.jpg

DSCF1304.jpg
 シュカブラが美しい。今日もカメラの装備はXT−1、操作に不慣れでまたミスってしまった。露出ブラケット撮影のつもりだったがフィルム・シミュレーションシミュレーション・ブラケットになっていた。補正せずに載せています。

DSCF1306.jpg
 山頂直下の岩に張り付いた海老の尻尾。先行者のうち3人パーティーがスキーで下山してきた。こちらも間も無く山頂。

DSCF1308.jpg
 11:50山頂着、3時間半で来たことになる。ここまでスキーアイゼンすら不要だった。ピッケルもアイゼンも持たず、カメラも軽量ミラーレスと、軽量化した装備のおかげであろう。そしてここで同じ山の会のDr.S氏とバッタリ、登山口の見覚えのある車はやはり彼のものだった。

DSCF1334.jpg
 鳥海山北面の景観ここに勝る場所なし。蟻の戸渡も絶景である。

DSCF1361.jpg

DSCF1363.jpg
 12:10下山開始、下山はDr.S氏のお勧めルートである東カールを滑り降りる。テレマーク歴30年の滑りはお見事。

DSC06007のコピー
 こちらは我が滑り、あまり道具のせいにはしたくないが、15年前のカービングスキーでこの重い雪を滑り降りるのはチョットきつかった。(photo by Dr.s)

DSCF1368.jpg
 滑り降りた斜面を振り返る。

DSCF1372.jpg
 カールを滑り降りた後は西側の樹林帯に入り、稲倉神社を通って下山した。13:10無事駐車場到着。今回の反省点は、日焼け止め塗るのを忘れた事。( ̄□ ̄;)!!


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





人間ドッグのついでに蔵王へ

 2月23日(木)〜25日(土)まで、2泊3日の日程で山形市にある東北中央病院で人間ドッグを受診した。せっかくここまで来てただ帰るのはもったいない。3日目の朝、最後の検査を終えると蔵王へと向かった。目指すのは蔵王坊平ライザワールドスキー場。ここから刈田岳、熊野岳を目指したのだが・・・。

 下界の山形市は曇りで時折小雪が舞う程度。しかし登山口のスキー場は濃いガスに覆われていた。11:10、リフトを2本乗り継ぎ、標識のポールに沿って登っていく。登るほどにガスは濃くしかも風が強まる。下山してくる人に話を聞くと、この避難小屋までで帰って来たという人が数人いた。

DSCF1073.jpg
 幸い風は後方から吹き付ける。時折日が差すが本当に一瞬だ。サッとウエストバッグからカメラを取り出して電源を入れ、構える間に晴れ間は過ぎ去る。この一瞬の晴れ間が少しは長く続くようになった。バンザイをし、歓声をあげる登山者。

DSCF1081.jpg
 12:00、歩き始めて1時間ほどで分岐点まで来た。右に行けば刈田岳、左が熊野岳である。右手の刈田岳へと向かう。

DSCF1083.jpg
 蔵王山頂の県営レストハウスが見えた。こんな悪天候の冬山は一体いつ以来だろうか?ポールなどの目印がたくさんあるのでここまで来れるわけだ。

DSCF1086.jpg
 その奥が刈田嶺神社。鳥居がくぐれるということは雪が少ないということだろう。低温の為カメラの電池が1本アウト。

DSCF1093.jpg
 神社の様子。ちなみに今日の機材はXT-1だが弱点が見えて来た。この気象条件だと、EVFではサングラスのままファインダーを覗いてもほとんど見えない。

DSCF1101.jpg
 宮城県側の澄川スキー場から登って来たという男女2人。天気予報は晴れてくる予報であるが「この先どうしますか」と話す。女性の方はゴーグルをかけたままでもはっきりわかるほどの美人。(*^.^*)

DSCF1115.jpg
 とりあえずこっちは熊野岳へ行ってみる。一瞬の晴れ間、右手に五色岳、その下には雪に覆われた御釜がチラリと見えた。

DSCF1125.jpg
 弱まる気配のない強風とガスの中熊野岳へと歩を進める。時刻はもう13:00を回った。熊野岳の避難小屋を見つけて中で大休止。蔵王ロープウェイで地蔵山から登って来た6人ほどのパーティーと一緒になる。カップ麺用に水から湯を沸かそうとしたら、THERMOS
の湯を分けてくれた。感謝!<(_ _*)>

DSCF1147.jpg
 13:45、避難小屋出発。熊野岳山頂まではあと少しのはずだがさっきより視界が悪い。無理は禁物と下山を決め込んだ。30分ほどで元の分岐点まで戻った。ここでようやく青空とご対面。(o^∇^o)ノ向こうに並ぶのはリフトの支柱。

DSCF1149.jpg
 下を覗き込むと晴れ渡った樹氷原が広がっている。そう言えば今日は多くの登山者がいたが、山スキーを履いている人には誰とも会わなかった。

DSCF1161.jpg

DSCF1184.jpg
 青空の下に広がる樹氷原。

DSCF1199.jpg

DSCF1208.jpg
 樹氷を求め、森吉山や八幡平に何度も足を運んだが、こんなに晴れたことは滅多になかった気がする。

DSCF1239.jpg

DSCF1212.jpg
 WBオートのままだとこんな色になってしまった。

DSCF1235.jpg
 振り返ると刈田岳山頂が光り輝いていた。しかし熊野岳方面は晴れる気配がない。

DSCF1248.jpg

DSCF1251.jpg
 朝はガスの中だった避難小屋周辺。今日は絶対に転けないようにと慎重にゲレンデを滑り降り、13:40無事下山した。
 ところで人間ドッグでまたも大腸ポリープが1個見つかった。1年前に2個取ったばかりなのに。( ̄▽ ̄;)!! 切除術またやるのか。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon