アナログレコード視聴環境の整備

 1年程前から昔のアナログレコードが聞きたくなった。クラッシックからロック、洋楽、ポップス、歌謡曲まで昔のレコードは沢山ある。世の中を見回してもレコード回帰が起きているみたいだ。去年はみゆきさんの新譜『組曲(Suite)』もアナログレコード(LP)が限定瀬販売された。我が家にも確かにレコードプレーヤーはある。しかしこれが簡単に視聴はできなかった。

 我が家にあるレコードプレーヤーがこれだ。TRIO KP-700 クォーツPLL、ダイレクトドライブ、重さ13.8kgとまあ中級レベルの機種。まだ東京に住んでいた30年程前、友人から中古品を2万程で買った記憶がある。さて1年前これを久々に動かそうとした。ところが電源は入るのだがターンテーブルはピクリとも動かない。

DSC02905.jpg
 修理代は安くないだろうし、別の中古品をさがすか、それとも最近流行のアナログレコードをデジタルで保存できるタイプを買うべきか?あれこれ考えているうちに1年近い月日が過ぎ、ふと考えた。KP-700はターンテーブルのスタート/ストップスイッチがタッチセンサーだ。動かない原因はこの接触不良では?そこで綿棒にこの接点復活スプレーをシュッと一拭きしてタッチセンサーをゴシゴシ掃除、綿棒は真っ黒だ。そしてターンテーブルは見事に動き出したのだ。\(^▽^)/

DSC02913.jpg
 次の課題はアンプである。今のAVアンプにはphono端子などついていないので、phonoイコライザーが必要だ。そこでこの製品 UFO202 U-PHONO をつないだ。1年前にレコード音源をデジタル化しようと買ってあったものだ。これをプレーヤーとAVアンプの間に繋ぎ、電源はAVアンプのUSB端子から取る。

DSC02908.jpg
 さて次はプレーヤーをどこに置くか?オーディオ・ラックの上にはテレビが置いてあるので場所が無い。止むなく去年まで職場のデスクの上に置いてあったメタルラックの上に仮設置する。今度はサブウーファーの置き場がなくなったのでメタルラックの下段に置く。まさかハウリングはしないだろう。

DSC02909.jpg
 さて、こんなシステムとなった。まあレコードはたまにしか聴かないし、しょうがねぇだろう。肝心の音は?うまく表現できないけどなかなか良いねえ。何といっても懐かしさ全開だわ。(●⌒∇⌒●) 次のステップアップはスピーカーだなぁ。
スポンサーサイト

夜会VOL.19「橋の下のアルカディア」

 11月某日、休みを利用してとうとう来てしまった。所は東京赤坂のACTシアター、中島みゆきさんの夜会VOL.19「橋の下のアルカディア」を見るためである。2年前のVOL.18「橋の下のアルカディア」の再演である。Vol.18はBlu-rayを買って見たし、劇場版を映画館でも見た。でも生で見るチャンスとなると見たくなるものよのぅ。

 かつて東京には9年間住んでいた訳だが赤坂・六本木界隈は全くのテリトリー外だ。スマホのGoogle mapを頼りに地下鉄駅から会場を探すが、全く違う「ACT」に案内されたりして(*゚o゚*)、さんざん歩かされたあげくやっと会場に着いた。この看板を見ただけで何か感激♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪。開演1時間半前の18:30にも係らず、開場待ちの列には50人程の列である。
 20:00いよいよ開演、座席は1回センターブロックの真ん中よりやや後方、肉眼でも役者の表情がギリギリ見える位置だが、念のため持参した双眼鏡で時々みゆきさんや中村中さん、そして石田匠さんの表情を確認する。衣装や小道具、演出などVol.18との細かな違いは沢山あったが、ストーリー等の大きな違いはなかった。違いについてはいろいろな方がブログで書かれている。劇中の楽曲はどの曲も素晴らしい曲ばかり、改めてスタジオレコーディングしてほしいものである。22:17終演、余韻を味わうように居酒屋で一人飲みしてからホテルに帰った。
 「中島みゆきは万病に効く」という言葉があるようだ。ほんとに日々の仕事のストレスが全部吹っ飛んだひと時であった。


DSC02833.jpg

DSC02834.jpg
 ところで、皆さん会場に早くから並ぶには理由がある。会場内でCDやDVD等を購入する列に並ぶと直筆サイン色紙の引換券がもらえるのだ。これが先着70〜80枚程、幸いNo.48をゲットし(●⌒∇⌒●)旧譜を2枚買った。旧譜購入者特典はこのビニール袋だけ。

DSCF0239.jpg
 11月16日はこのベストアルバムの発売日だった。これが店によって購入特典が異なるのだ。コースターが欲しかったのでHMVで買ったというわけ。また去年のコンサート「一会」のDVD/Blu-rayとCDも同時発売されたけど、先行予約者には特典がなく、後から特典を付けたっつー事で、怒り心頭のファンがAmazonにレビュー書いてたっけ。こういうYAMAHAさんの商売のやり方にだけは納得いかないわ。

Collage_Fotor_20161203163927eb3.jpg
 翌日は20年ぶりに秋葉原へ、しかしその変わり様にはびっくりだ。東京へ行く機会はあっても秋葉原に行かなくなったのはやはりネットで何でも買える時代になったからだ。でもオーディオだけは音を聞かなくちゃ分からないので地図を見ながらこの店「ダイナミック オーディオ」をたずねてみた。いやー素晴らしい音を聞かせてもらった。ただマニアックすぎてちょっと買えそうもない代物ばっかりだったわ。

DSC02823.jpg
 帰りの新幹線ホーム、隣に入線していた東北新幹線E5系。グランクラスのアテンダントさんがポーズをとってくれた。う〜ん、乗ってみたい。o(^^o)(o^^)o

橋の下のアルカディア

 2月20日(土)、中島みゆきさんの夜会Vol.18「橋の下のアルカディア」ー劇場版ーを、ルミエール秋田で鑑賞してきた。感動した、と〜ってもえがったぁ!
★*゚*(感´∀`動)*゚*★


 拙ブログの記事にはほとんど出てこなかったが、実は2年程前からみゆきさんにどっぷりとハマっていたのである。きっかけはやはり2年程前にBSで見た『オール中島みゆきナイト』であった。以来CDやBlu-rayを過去にさかのぼって少しずつ買い求め、CDは20数枚、コンサートや夜会のDVDやBlu-rayも6枚のコレクションとなったのだ。
 今回はめずらしく女房と二人で見てきた。200円引きの前売り券はローソンでも買えるが味気ないプリントチケットなので、わざわざネットでこの紙チケットを購入、左の公演パンフレットもYAMAHAオンラインショップで予め購入、と万全の事前準備を整えていざ出発。朝10:00の開演30分前に劇場に到着して並ぶ。我々の前には5〜6人のおばちゃんグループだけ、センター後方の特等席で見る事ができた。客席は3/5程は埋っていたであろうか。観客の平均年齢は結構高く、60台以上の方が多い感じ。我々夫婦はどっちかというと若い方に入るか?でも中には小学生の子どもを連れた若い夫婦も1組いた。あの子にはこの物語の意味が分かったかなあ?


DSC02410.jpg
 「橋の下のアルカディア」のDVD・Blu-rayは、去年11月にすでに発売されていたので則購入し1回見ていたわけだが、自宅のテレビで見るのと劇場の大画面で見るのとでは、当然のことながら迫力は全く違う。最後の方の曲「India Goose」のあたりではもうウルウルと泣いていたのである。・゚・(ノ∀`)・゚・。
 チケットカウンター配られたのは映画パンフレットではなく、4月始まり両面刷りカレンダーであった。何とも美しいわぁ。これをどうやったらきれいに持ち帰る事ができるかと考えていたら、隣に座ったおばちゃん達は惜しげも無く二つ折りにしていた、あ〜もったいね〜!
 去年11月から行われたコンサート「一会」もぜひ映像化してほしいなあ。
(((o(^。^")o)))

続・我家のホームシアター やっとこさ5.1ch

AVアンプに40インチモニター、次はやっぱり5.1chサラウンドだべさ、っと思っていたのだが、ここはなるべく金をかけないでやってみようと工夫をして、ようやくここまでたどり着いた。
SC01742.jpg
 スピーカーは左右のフロントスピーカーしか無かったので、これにセンタースピーカー・サラウンドスピーカーとサブウファーを追加する必要があるが、これらを買いそろえる金はない。そこで前々からあったこのスピーカーを流用した。BOSEのcompanion3、元々テレビの音楽番組等を高音質で視聴するため10年程前に購入、しかし液晶テレビになってから出番は激減していた。companion3は「マイクロキューブ」と呼ばれる小型のフルレンジスピーカーとサブウーファーから成る。この「マイクロキューブ」をサラウンドスピーカーに、アンプ内蔵のベースモジュールをサブウーファーに流用する。ちなみにこの「マイクロキューブ」の端子はRCAだったので、写真のアダプターを介してアンプとつなぐ事にした。

SC01751.jpg
 つぎにこの「マイクロキューブ」をどうセッティングするかで悩んだ。床に直置きする方法もあるがやはり耳元の高さが良かろう。ヤフオクで中古のスピーカースタンドを購入(¥4,600)、これに「マイクロキューブ」を結束バンドで固定した。これで高さ・位置も自在である。

DSC01744.jpg
 センタースピーカーだけは買わざるを得なかった。中古品もあれこれ物色したが、やはり良いものは高い。悩んだあげく新品を購入。YAMAHA NS-C500(¥22,356)、しかし買ったは良いが困ったのはこのスピーカーの置き場である。最初はサブウーファーの上に置いてみた。邪魔である。CDやBDを出し入れする度に動かさねばならない。

DSC01749.jpg
 テレビの前には置けるスペースがあるが、そのままだと画面下部が隠れてしまう。そこで見つけたのがこの高さ10cmのこのガラス製スタンド。これでテレビの高さを上げてみた。

DSC01748.jpg
 これでばっちり。さてっと鳴らしてみた。先ずはみゆきお姉様のコンサート、お〜臨場感が違いますねえ。お次は映画、手元にあったのは「トランスフォーマー」お〜弾丸が後ろから飛んでくるわぁ!車が後ろに走り去って行くわぁ!ビギナーにとっちゃこれで十二分だわな。ヽ(^◇^*)/

我家のホームシアター

 実家から運び込んできた昔のステレオセットに40型のハイビジョンテレビを追加して、どうにかホームシアターもどきが完成した。ヾ(●⌒∇⌒●)ノ
DSC01750.jpg
 テレビはシャープのLC-40H11、kakaku.comでしばらく値動きを見ていたのだけれど、正月のイオンの特売が一番安かった。税込み50,000円で5,000円の商品券付。しかも5%オフの優待券が使えたから実質税込み42,500円也、全国最安値じゃぁ!スピーカーが上下2段になっているが、今鳴っているのは上のCORAL XⅢのみである。一つ問題は、これだとアナログレコードが聞けない事。
DSC01754.jpg
 実家でしば〜らく埃をかぶっていた30年も前のステレオ、5月の連休頃からいろいろといじてみたものの、残念ながらアンプはダメだったので右下のYAMAHAのAVアンプRX-V577に買い替えた。まだやってみてないけどハイレゾ対応だ。左下のCDプレーヤーもやはり30年物、トレーの動きが悪いけど無事だった。その上は夏に中古購入したCD−MDプレーヤー、もうすぐ11歳になる我が愛車のオーディオ・システムであるMCINTOSHにはMDが装備されているからこれ必需品。そして右上はBlu-rayプレーヤー。ここまでくりゃぁ5.1chのサラウンドシステムが欲しいわなぁ!

DSC01757.jpg
 で、最近は何を見聞きしているのかっというと、少女時代ではなくもっぱら中島みゆきお姉様。実は1年程前に見たNHKの『オール中島みゆきナイト』を見てしまってからというもの、お姉様にすっかりハマってしまったのである。これらがこの1年で買ったCDやBlu-rayの数々。若い頃聞いても何とも思わなかった曲が今聞くとじわ〜っと心に響いたりするのはやっぱ年取ったせい?
 
 

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon