スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯沢市秋の宮の「かだる雪まつり」

 2月3日(土)、湯沢市秋の宮地区で行われた「かだる雪まつり」に行ってきた。この日は同じ湯沢市内の皆瀬地区でも「しがっこまつり」が行われるなど、各地で雪まつりが盛んに行われたようだ。

 気温が高く、雨の中を会場である旧秋の宮スキー場へ向かう。さすがに会場付近は標高400m以上と高く、雨は雪に変わっていた。夕方4時頃到着すると、濡れ雪が降る中、まつりのメインとなる約3千個のミニかまくら作りもほぼ最後の作業を行っていた。そして上から順にミニかまくらにロウソクを灯して行く。この作業も5時前にはすべて終了した。

DSCF3053.jpg
 朝から1日がかりの作業に当ってくれたのは地元湯沢市の雄勝高校の生徒と杏林大学の学生および市民ボランティアの方々だ。高校生と大学生が、互いに今日1日の労をねぎらい別れのあいさつを交わす。


DSCF3068.jpg
 5時20分、日が長くなりまだ明るいが、次第に幻想的な光景が広がってきた。幸い降り続いていた雪も止んだ。露出-2.0補正で撮ってみる。


DSCF3072.jpg
 5時半、やっと真っ暗になったが先ほどから風が出て来た。スタッフが消えたロウソクに再び点火してまわる。さて、三脚を立てて撮影にかかる。しかしこの構図では余りに単純、面白くない。

DSCF3073.jpg
 先日イルミネーション撮影で用いたガラス球を取り出し、多重露光を試して見た。

DSCF3105.jpg
 6時、小町娘の撮影会が始まった。皆一斉に群がる。こういう写真は意外と難しいものだ。

DSCF3128.jpg
 さて再びミニかまくらの撮影、ここで大事なものを忘れ物に気がついた。カイロだ。カメラの設定切り替えなど細かい操作は手袋を脱いで行う必要がある。空は晴れ上がり気温が急激に下がる中、素手で撮影を続けるのは辛い。

DSCF3167.jpg
 さて、次は直径60mmの大きめのガラス球を使って撮ってみた。この方が球の中の映像にピントを合わせ易い。また、映像を上下逆さまにしてみたが、このほうがいいね。6時半、もう指がかじかんでシャッターを押せなくなってきたのでこの辺で終了!冬場の撮影は装備をしっかり確認する事だわ。

 この冬は仕事の忙しさに加えて雪の多さが加わり、なかなか山へは行けない。せっかく先月はおニューのスキーを買ったのに、まだ一回も履いていない有り様、おまけに息子からはインフルエンザをもらってしまった。どうなることやら。(´_`;)
スポンサーサイト

湯沢市ジークブルガー通りでイルミネーションの撮影

 お隣の湯沢市ジークブルガー通りはたまに立ち寄る場所だ。木村酒造の限定酒「角右衛門」が買えるお気に入りの酒屋「小川屋酒店」もここにある。12月1日からこの通りで「光のフュージョン」なるイベントが開催、イルミネーションが点灯された。早速これを撮影してみた。

 愛機FUJIFILM X-T1には多重露出機能があるのでこれを使う。カメラを三脚に固定し、1枚目はおもいっきりピントをずらして玉ボケを作る。次にピントを合わせた2枚目の写真を重ねる。ちょっと色が気に入らない。

DSCF2865.jpg
 後日ちょっと向きを変え、前回同様に撮影した。ここからはWB太陽光の設定。

DSCF2866.jpg
 今度は別の場所でボカしたイルミネーションの上に町の写真を重ねてみた。なかなかいい感じ。(^∇^)ノ

DSCF2862.jpg
 次は露出時間を30秒ほどと長めにし、車のヘッドライトを流して撮影、残念ながら1台しか通らなかったのが田舎の悲しいところ。露出を絞り込むとイルミネーションの光芒が星型になる。

DSC00541.jpg
 さてここで小道具その1、スマホを使う。iphoneのカメラを花型イルミネーションに向け、露出開放でイルミネーションをボカす。(^∇^)


DSCF2880.jpg
 小道具その2、別のカメラ(SONY NEX-5)を三脚に固定し、上記同様に撮った。ちょっと傾いたか?(-∀-)

DSCF2856.jpg
 小道具その3はガラス球、(万華鏡作りのために買ってあった)同様にガラス球に逆さに映った映像にピントを合わせる。その1と3は手が動くので結構難しかったけど我ながらキレイに撮れた。ヽ(´∀`)ノ

DSCF2871.png
 最後にX-T1のソフトフォーカス効果で撮影してみた。どうも色が変わってしまうようだが電線が目立たなくなりこれもGood!((^∀^*))
以上の写真はbinchan7のInstagramにアップされています。光のフュージョン フォトコンテスト実施中なので、よろしければ「いいね」をお願いします。m(_ _)m

マクロ撮影のお遊び

 Instagramを見ていると、よく水滴を使った綺麗なマクロ撮影の写真がアップされている。真似したいもんだがなかなか難しい。今回水滴の代わりに「無香空間」の消臭ビーズを使って撮影してみた。撮影方法、まず化学実験で用いる時計皿(凹レンズ状の透明ガラス板)に消臭ビーズを並べる。これを上下逆さまにした被写体の上に掲げ、マクロレンズを装着したカメラで撮影する。今回の使用機材はSony α700+Minolta macro50mm f2.8、ビーズの表面は細かい凸凹があり、あまり綺麗には映らなかった。また、カメラは三脚で固定できるが、時計皿は手持ち、これがなかなか難しい。( ̄ω ̄;)

 最初の被写体は動物カレンダーのニャンコちゃん。時計皿の高さでビーズに映るニャンコちゃんの大きさを調節、右手はシャッターボタン、左手は時計皿、しかも傾けるとビーズがポロポロとこぼれてくる。( ̄□||||!!

DSC00075_Fotor.jpg
 次の被写体は三男が赤ん坊の頃の写真。レンズは等倍まで可能だが、あまり大きすぎるとビーズの粗が見えるので適度の大きさでやめておく。どうも期待通りにはいかなかった。もっと別の方法を考えよう。(~ヘ~;)


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

SONYα700を修理すべきか?

 購入して彼此9年近くなる我が愛機SONYα700だが、去年辺りからチョット気になる不具合が出てきた。


DSC02893.jpg
 背面から見て本体右上にあるのが「後ダイアル」だ。機能は再生画像の送りや戻し、そして撮影時は露出補正に割り当てて使っている。ところがこの動作がたまに狂うのだ。例えば再生画像を1枚先に送ろうとしたら2〜3枚送られたり、露出を1段(0.3)+補正しようとすると2〜3段送られたりするわけだ。要はダイヤルの接触不良という事なんだろうけどね。気になるので修理に出してみた。購入先はキタムラ横手店だが5年保証なんていうものはとっくに切れている。見積もりだけで1,080円也。

DSC02897.jpg
 2週間程してはがきで見積もりが届いたが金額を見てビックリした。何と税込み22,778円(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォ。先日秋葉原で立ち寄ったソフマップでは、α700の中古品が税抜き19,800円で売られていたからなあ( ̄▽ ̄;)!!ガーン。
 もちろん修理はせず送り返してもらった。7〜8千円くらいで済むんじゃねえの?っと思っていたワタシが甘かった。不勉強でした。授業料1,080円はチト高かったかな。

角館の桜

 4月からの勤務地角館は言わずと知れた桜の名所。写真好きにとっては、ただ指をくわえて眺めているわけにはいかにのだ。だが桜の写真は難しいわぁ。


DSC03278.jpg
 有名な武家屋敷の他に学校や民家の庭にも立派な枝垂桜が沢山あり、この時期は町中が薄紅色に染まる。

DSC03207.jpg

DSC03230.jpg
 仕事帰りにはこんな夜桜を撮ってみた。下の写真はもっと絞り込まないとダメでしたね。


DSC03308.jpg

DSC03309.jpg
 樺細工伝承館は最も早く枝垂桜が咲き始める。

DSC03343.jpg
 紅八重枝垂桜の花びらが風に舞い、歓声が上がる。

DSC03370.jpg
 こちら民家の枝垂桜は椿とのコラボだ。
 今年も開花が早く、今頃は葉桜祭か?

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
大1、中1、小5の3人息子の父親、中島みゆきファン歴5年。気がつけば50代後半、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。