第21回八幡平樹氷ツアー

 3月5日(土)〜6日(日)、第21回HJT(八幡平樹氷ツアー)に参戦してきた。今回は3年ぶり通算6〜7回目くらいかな。3年前の様子はこちら。ちなみに初参戦は12年前であった。3年前までは前夜集合の1泊宴会付きツアーだったが、2年前から1日日程に変わったようだ。「本荘山の会」からの参戦者は8人である。

 5日のプロローグは当日の宿でもある後生掛温泉から焼山を目指す。快晴、無風、気温も高い。10:00スタート前の記念写真。

DSC03024.jpg
 スタート地点は温泉の裏手になる。この雰囲気が好き。( ^ω^ )

DSC03028.jpg
 温泉裏の急登から宿を振り返る。


DSC03031.jpg
 細いブナ林の中を淡々と進む。傾斜は緩いが気温が高く、汗が噴き出してくる。なんてったって今冬初山行である。


DSC03035.jpg
 いよいよ国見台への急登の始まり。振り返ると八幡平が見渡せる。手前の木に積もった雪は、まるで巨大な大福のようだ。

DSC03036.jpg
 国見台山頂直下の急登、一登りで1,322mの山頂である。それにしてもどうも写真の色が悪い。WBは太陽光、画像スタイルはニュートラルなんだけどねぇ。だいたいカメラを持つのが2ヶ月ぶりだわ。

DSC03041.jpg
 国見台山頂から焼山方面を望む。焼山へ至るにはここから何度かのアップダウンが必要である。

DSC03048.jpg
 国見台から毛せん峠へ下ってから登り返す。右手のなだらかな山が栂森、左奥が焼山である。


DSC03057.jpg
 本日はここ栂森(1,359m)までとする。焼山と後方の森吉山を背景に集合写真、1名は途中リタイヤ。

DSC03070.jpg
 6日本戦、スキー班とスノーシュー班に分かれて秋田八幡平スキー場よりスタートする。スキー班の大半を「本荘山の会」の会員が占める。リフト終点から見下ろす蒸ノ湯温泉、雪は平年の半分程とのこと。準備体操の後スキー班9:10スタート。

DSC03074.jpg
 この標識の高さも雪の量の少なさを表している。手で触れる時もあったなぁ。

DSC03076.jpg
 スタートして間もなく、急登の始まりである。前日の天気予報では雨マークが出ていて心配されたが何とか日中はもちそうだ。

DSC03081.jpg
 途中での記念写真、撮影は主催者である鹿角市山岳会のA会長にお願いした。

DSC03084.jpg
 残念ながら樹氷はここ数日の高温と雨により全て落ちていた。ちょうど一週間前の写真を見せてもらったが、デジカメのモニターには見事な樹氷原が広がっていた。A会長曰く「八幡平新緑ツアーだな。」

DSC03090.jpg
 11:30山頂着、スキー班の記念写真。いつもはこの展望台が雪で隠れていた。ちなみに左後方の300番の標識は夜中に軽トラックで運んで立てたというA会長の武勇伝を聞く。

DSC03092.jpg
 山頂から少し下り、ここ陵雲荘にて大休止とする。

DSC03098.jpg
 陵雲荘の中はストーブもありかなり暖かい。写真家の大川清一さんが撮影のためここに4日程こもっったとのこと。彼は北東北の素晴らしい写真を撮影している方だ。我々が登る途中で下ってくる大川さんと遭遇、握手してもらった。

DSC03104.jpg
 12:20下山開始、朝はガスっていて見えなかった焼山や森吉山が見えてきた。

DSC03107.jpg
 13:15蒸ノ湯休憩所着、ここから一登りしてスキー場上部に着いた。全員無事ゴール。

DSC02424.jpg
 本棚をほじくりかえしていたらこんなもんが出てきた。以前は宴会で一人ずつ自己紹介したりして、遠くの山仲間ができたりしたものだ。最後は皆で肩組んで雪山讃歌を歌って締めた。懐かしいわぁ(*´v`)。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ソーラーパネルの温度は?

 我が家のソーラーパネルは205w×28枚で、最大5.74kw。しかしパワーコンディショナーが5.5kwなので、実際は最大5.5kwまでしか発電しない。また、真夏はパネルの温度が高くなり発電効率が落ちる。真夏のパネルの温度は果たしてどれくらいになるのか、実測してみる事にした。

 8月12日(日)久々に屋根に上がる。11:20頃、太陽が我が家のソーラーパネルに対して正中する時刻だ。パネル右側に測定器をセットする。

R0013240.jpg
 熱電対式温度計のセンサー部を、ガムテープを使ってパネル面に密着させる。

R0013246.jpg
 温度計の値はみるみる上昇、最大値はご覧の通り59.0℃を示した。やはりかなりの高温だ。

R0013251.jpg
 測定後センサーをパネルからはがして裏側の日陰に持ってくる。今度は最小値を測定する。30.5℃、これが外気温という事になる。

データIMG
 これが最新のカタログに記載されていた温度特性を示すグラフ。下のグラフによればHITは温度60℃でも25℃の時と比べ、効率は10%しか落ちないことがわかる。

R0013256.jpg
 測定後はすぐに家の中に戻り、モニターの値を見てみた。しかし、発電量は最大でも4.7kwまでしか上がらなかった。ということは 4.7/5.74=0.82 で約18%のダウンだ。う〜ん、グラフによると仮に75℃でも15%しか落ちないからカタログの性能は出ていない事か?最もこのカタログは最新の(2012.5)ものだから我が家のパネルには当てはまらないってことかなあ?技術は日進月歩だからなあ。よろしければ下をポッチっとな!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
 

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon