スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥海山で3ヶ月ぶりの山行

 4月21日(土)、数日前からこの日の天気予報は快晴、気象庁の週間予報の信頼度もAランクで好天は間違いなし。この日は17:00から所属する「本荘山の会」の総会があるので、その前に鳥海山へ行かないかと会の掲示板で呼び掛けるも全く反応無し。オヤ〜、誰も行かないの?と思い、今回も単独行となった。

 朝8:00、車は猿倉口より少し手前、お花園湿原の駐車場まで行けた。ここを8:00出発する。40分程で樹林帯を抜けた。


DSCF3447.jpg
 空は雲一つない青空、黄砂で雪が汚れているのが残念だ。撮影機材はFUJIFILM X-T1+PLフィルター、足元は1月に購入したおニューのスキーだ。先月矢島スキー場で滑り初めをしたが、シールを貼って山へ登るのは初めてだ。

DSCF3448.jpg
 今日も数台のスノーモービルが、2ストの排ガスを撒き散らしながら自分の脇を登って行く。しかしどうも様子が変だ。行きは二人乗り、帰りは一人だ。後部座席の人はザックを背負っており、おまけに荷台には車用のスキーキャリアが設置され、スキーを載せている。こりゃどう見ても客を乗せて運んでいるようだ。そんなサービスをやっている業者があるのか?客は八合目付近で下ろしているようだった。

DSCF3450.jpg
 10:30、先行するのはモービルで登ってきたパーティーだが、彼らのペースは結構遅く、追い越してしまった。上から吹きつける風が強い。

DSCF3453.jpg
 11:45、舎利坂上部、連日の高温・好天のためかシュカブラが全くない。その代わりクラックが生じている。斜面の凍結はなくアイゼンもスキーアイゼンも不要、このまま行けそうだ。

DSCF3455.jpg

DSCF3457.jpg
 シールだけでもスリップすることはほとんどない。ただし風は登るほどに強くなり、煽られて一回転倒した。11:50、無事山頂到着。雪は少なめである。不思議と山頂部は風が弱い。モービルパーティーはこの強風に恐れをなしたか、七高山に到達せずに姿を消した。

DSCF3462.jpg
 12:35、滑降開始、雪は軟くスキーを取られてここでも一回転倒する。やはり舎利坂は強風である。


DSCF3464.jpg
 しばらく滑り降りて行くとこんな標識があった。27日(金)の山開きに向けてのものか。作業したと見られる雪上車のトレースもあった。


DSCF3465.jpg
 猿倉口にかけてご覧の通り、一定間隔でポールが建てられている。13:15、無事下山。この後「本荘山の会」総会に望んだ。
 今年の冬は雪が多かった上に休日は荒天の日が多かった。また、今春大学に進学した息子の新生活準備も重なり、とても山には行けなかった。よってこの度は3ヶ月ぶりの山行となったが、調子はまあまあである。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

湯沢市秋の宮の「かだる雪まつり」

 2月3日(土)、湯沢市秋の宮地区で行われた「かだる雪まつり」に行ってきた。この日は同じ湯沢市内の皆瀬地区でも「しがっこまつり」が行われるなど、各地で雪まつりが盛んに行われたようだ。

 気温が高く、雨の中を会場である旧秋の宮スキー場へ向かう。さすがに会場付近は標高400m以上と高く、雨は雪に変わっていた。夕方4時頃到着すると、濡れ雪が降る中、まつりのメインとなる約3千個のミニかまくら作りもほぼ最後の作業を行っていた。そして上から順にミニかまくらにロウソクを灯して行く。この作業も5時前にはすべて終了した。

DSCF3053.jpg
 朝から1日がかりの作業に当ってくれたのは地元湯沢市の雄勝高校の生徒と杏林大学の学生および市民ボランティアの方々だ。高校生と大学生が、互いに今日1日の労をねぎらい別れのあいさつを交わす。


DSCF3068.jpg
 5時20分、日が長くなりまだ明るいが、次第に幻想的な光景が広がってきた。幸い降り続いていた雪も止んだ。露出-2.0補正で撮ってみる。


DSCF3072.jpg
 5時半、やっと真っ暗になったが先ほどから風が出て来た。スタッフが消えたロウソクに再び点火してまわる。さて、三脚を立てて撮影にかかる。しかしこの構図では余りに単純、面白くない。

DSCF3073.jpg
 先日イルミネーション撮影で用いたガラス球を取り出し、多重露光を試して見た。

DSCF3105.jpg
 6時、小町娘の撮影会が始まった。皆一斉に群がる。こういう写真は意外と難しいものだ。

DSCF3128.jpg
 さて再びミニかまくらの撮影、ここで大事なものを忘れ物に気がついた。カイロだ。カメラの設定切り替えなど細かい操作は手袋を脱いで行う必要がある。空は晴れ上がり気温が急激に下がる中、素手で撮影を続けるのは辛い。

DSCF3167.jpg
 さて、次は直径60mmの大きめのガラス球を使って撮ってみた。この方が球の中の映像にピントを合わせ易い。また、映像を上下逆さまにしてみたが、このほうがいいね。6時半、もう指がかじかんでシャッターを押せなくなってきたのでこの辺で終了!冬場の撮影は装備をしっかり確認する事だわ。

 この冬は仕事の忙しさに加えて雪の多さが加わり、なかなか山へは行けない。せっかく先月はおニューのスキーを買ったのに、まだ一回も履いていない有り様、おまけに息子からはインフルエンザをもらってしまった。どうなることやら。(´_`;)

今季の初戦は秋田駒ケ岳

 1月7日(日)、やっと今季初の冬山山行である。天気予報は「雪のち曇り」、八合目までは行けるべ、と思っていざ出発したのだが。

 スタート地点の「アルパこまくさ」を9:30頃出発する。天気は時折雪が降るが、この後曇りの予報なので遅めの出発だ。駐車場には3台ほどの先行者の車がある。旧アッスルスキー場のゲレンデを直前の先行者の後をついて登る。

DSCF2894.jpg
 ふくらはぎの高さ程の積雪があるが、トレースを辿っていけば大して難はない。時折激しい雪が降る。

DSCF2899.jpg
 車道との合流地点で直前を歩いていた先行者に追いつく。その前の先行者はここで引き返したようだ。彼はこの先どうしようかと悩むが「オレは行きますよ」と言ったらついてきた。だがしばらく行くと股関節が痛いと言ってリタイヤした。よってここからはひとり旅、雪は結構多く、深いところで30cm近い。これを一人ラッセルして先をゆく。

DSCF2905.jpg
 片倉沢(1,100m)まではカーブミラーが目印となりわかりやすいが、ここを過ぎるとミラーもほとんど埋まっている。また森林限界を超え、吹きさらしの斜面となる。晴れていれば八合目の小屋が見えるところだが視界は10m程しかない。標高1,250m地点、目的地の小屋まで直線距離で300mしかないが今日はここまでとした。下山途中のカーブミラーで自撮りする。


IMG-0802_20180121223535e01.jpg    IMG-0741_20180121223533481.jpg
 ヤマレコMAPによる軌跡を表示する。下山後アルパにて入浴後帰宅、第2戦もここかなあ?

湯沢市ジークブルガー通りでイルミネーションの撮影

 お隣の湯沢市ジークブルガー通りはたまに立ち寄る場所だ。木村酒造の限定酒「角右衛門」が買えるお気に入りの酒屋「小川屋酒店」もここにある。12月1日からこの通りで「光のフュージョン」なるイベントが開催、イルミネーションが点灯された。早速これを撮影してみた。

 愛機FUJIFILM X-T1には多重露出機能があるのでこれを使う。カメラを三脚に固定し、1枚目はおもいっきりピントをずらして玉ボケを作る。次にピントを合わせた2枚目の写真を重ねる。ちょっと色が気に入らない。

DSCF2865.jpg
 後日ちょっと向きを変え、前回同様に撮影した。ここからはWB太陽光の設定。

DSCF2866.jpg
 今度は別の場所でボカしたイルミネーションの上に町の写真を重ねてみた。なかなかいい感じ。(^∇^)ノ

DSCF2862.jpg
 次は露出時間を30秒ほどと長めにし、車のヘッドライトを流して撮影、残念ながら1台しか通らなかったのが田舎の悲しいところ。露出を絞り込むとイルミネーションの光芒が星型になる。

DSC00541.jpg
 さてここで小道具その1、スマホを使う。iphoneのカメラを花型イルミネーションに向け、露出開放でイルミネーションをボカす。(^∇^)


DSCF2880.jpg
 小道具その2、別のカメラ(SONY NEX-5)を三脚に固定し、上記同様に撮った。ちょっと傾いたか?(-∀-)

DSCF2856.jpg
 小道具その3はガラス球、(万華鏡作りのために買ってあった)同様にガラス球に逆さに映った映像にピントを合わせる。その1と3は手が動くので結構難しかったけど我ながらキレイに撮れた。ヽ(´∀`)ノ

DSCF2871.png
 最後にX-T1のソフトフォーカス効果で撮影してみた。どうも色が変わってしまうようだが電線が目立たなくなりこれもGood!((^∀^*))
以上の写真はbinchan7のInstagramにアップされています。光のフュージョン フォトコンテスト実施中なので、よろしければ「いいね」をお願いします。m(_ _)m

蔵元限定酒を求めて木村酒造へ

 11月18日(土)、湯沢市にある酒蔵木村酒造へ蔵元限定酒を求めに行ってきた。

 湯沢市は田町にある木村酒造は我が家から車で15分ほど、8年ほど前の勤務先からも2〜3分の距離である。だが中に入ったのは初めて。「福小町」、「角右衛門」など最近ここの酒を口にする機会が増えた。そこへ最近Instagramで、蔵元限定酒などというものがあると知り、早速行ってみたわけだ。

IMG_0601.jpg
 中に入ってみると、在りましたよ蔵元限定品が!各々1本ずつと行きたいところだが、懐具合からしてそうもいかず、2本とグッズを購入。

IMG_0598.jpg

IMG_0599.jpg

IMG_0600.jpg
 中はこんな感じ、何せ創業400年と言うから古いですね。ところでこの丸い穴は何なんだろうねえ、すっかり聞いてくるのを忘れてしまった。また今度行ったときに聞くことにするわ。

IMG_0640.jpg
 買ったのは先ずこれ、「特別純米酒 蔵付分離酵母仕込み」とある。まるで洋酒のような角形の瓶に湯沢市の「まなぐ凧」の絵のラベルが物欲をそそる。
IMG_0641.jpg
 2本目はこれ、このスリムなボトルとシンプルなラベルも目を引く。できれば開けたくない。蓋を開けないで飲む方法はないものかなぁ。

IMG_0627.jpg
 この手ぬぐいもいい感じ。来年の夏はこれをバンダナ代わりにして山に登ろうか?

google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
大1、中1、小5の3人息子の父親、中島みゆきファン歴5年。気がつけば50代後半、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。