紅葉真っ盛りの鳥海山へ、雪渓調査を兼ねて

 10月9日(月)体育の日、9月に続き3回目の雪渓調査の依頼があった。9:30祓川との連絡があったので、先に山頂へ登ってから八合目、鶯平の現地で合流することとした。前日8日(日)は最高の天気、しかも本荘山の会の安藤前会長の追悼登山もあったのだが、少6の二男の行事で参加できなかった。

 7:00、祓川を出発、山頂部にはガスがかかっている。予報より天気は悪い。竜ケ原を過ぎて振り返ると草紅葉や木々の紅葉が見事である。

DSCF2229.jpg
 六合目到着、さすがにここの雪渓は消えた。7:50、七合目に差し掛かると頭上をドローンが飛んでいる。操作しているのは若い二人組の男性、そういえば祓川の駐車場でも飛ばしていた。おいくら?と尋ねると8万円ほどとのこと。

DSCF2236.jpg
 七ツ釜の避難小屋に昼飯やテルモスをデポした後に山頂を目指す。八合目付近で左手に目をやると雲海が広がる。


DSCF2238.jpg
 10月4日には初冠雪が記録された。昨年より6日早く、平年と比べても6日ほど早いということだったが、その痕跡はほとんど残っていなかった。九合目付近でようやく初雪を発見。

DSCF2239.jpg
 9:30山頂到着、ガスが濃く風もかなり強めである。登山者は自分を含め5人ほど。ドローンの二人組は山頂で飛ばすことができず残念そう。

DSCF2241.jpg
 一瞬だけ見えた新山の山腹には雪が見えた。これは4日の初雪か?あるいはその後の降雪か?10分ほど滞在し下山する。


DSCF2246.jpg
 山頂付近は初冬だったが八合目付近まで戻ると秋真っ盛り。

DSCF2250.jpg
 鶯平周辺は一面黄葉したイワイチョウに覆われている。それにしても「イワイチョウ」とは上手く名付けたものだ。


DSCF2252.jpg
 目的の「七ツ釜南東部雪渓」に到着、去年の10月10日には全く消え去った雪渓だが、今年はしっかりと残っている。昨冬の降雪量は少なめだったはずだが。後から登って来た3人の調査隊と11時過ぎに合流、2時間ほどで無事作業を終えた。


DSCF2260.jpg
 鶯平周辺で見つけたナナカマド、幼木と見えて丈は低いが葉の色が見事。


DSCF2264.jpg

DSCF2274.jpg

DSCF2275.jpg
 紅葉を鑑賞しながら下山する。八合目付近から見下ろす景観が最も見応えがあるようだ。

DSCF2279.jpg

 DSCF2282.jpg

DSCF2285.jpg
 七合目から下も悪くない。ダケカンバもいい感じ。


DSCF2293.jpg
 15:20、無事下山、装備を解いて解散し、車を走らせると5分もしないうちに激しい雨が降ってきた。あっぶなかったわ〜!
 ここしばらく山へ持っていく撮影機材はFUJI X-T1のみ。この軽さと色の良さを考えるとこれまで持ち歩いたSony α700を持って登る気にはなれなくなってしまった。でも手持ちのFUJIのレンズは1本のみ、αは10本近くある。どうしよう。(-ω-;)ウーン


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

嶽温泉から岩木山へ

 9月23日(土)、前日出張で鹿角市まで来た。ここまで来てただ帰るわけにはいかない。お隣の青森県まで足を伸ばし、初めての岩木山に登った。青森県の山に登るのは白神、八甲田に次いで三山目である。さてどこから登るか?まさか岩木スカイラインを車で登ったわけでもあるまい。当初岩木山神社から登り、嶽温泉に下山する事を考えた。下山後の移動は自転車を使えば良い。しかし朝天気予報を見ると4時頃から雨が降り出す予報が出ている。これは早めに降りた方が良さそうだ。という事で嶽温泉から往復するコースを選んだ。

 前日は夜遅かったこともあり、登山口の嶽温泉に着いたのは8:30過ぎ、出発は9:15という超重役出勤!

DSCF2140.jpg

DSCF2145.jpg
 登山口の標高は約450m、そこからつづら折れはほとんどなく、まっすぐに登る。600m付近からはしばらく気持ちの良いブナ林が広がる。花はほとんどない。出発が遅かったこともあろうが、すれ違った人は一人だけ。


DSCF2148.jpg
 歩き始めて1時間半ほど、八合目が近づき視界がひらけた。山の上部も紅葉には早い模様。

DSCF2153.jpg
 10:50、八合目の岩木スカイライン駐車場に到着した、ほとんどの登山者はここから登ることがわかった。ここからもリフトで登る人が多い。

DSCF2157.jpg
 さらに30分程でリフト終点に到着、あたりはガスっていて視界は良くない。晴れて入ればこの眼下に鳥ノ海が見えるのか?登山者はかなり多い。小学生の団体さんが複数いるが、リーダーはもう少しマナーを教えてやって欲しいわ。

DSCF2161.jpg
 大倉石と呼ばれる巨岩。しばらくは岩場歩きが続くが軽装の人も見受けられる。1,500mまでは誰でもこれちゃうからね。


DSCF2164.jpg
 鳳鳴ヒュッテを過ぎ間も無く山頂、山頂に至る道は狭い岩場が続く。登山者が多いので、道は登り用と下り用に分かれる。


DSCF2169.jpg
 11:45、山頂到着。約2時間で着いたことになる。登りやすい山なので人はかなり多いが、私のように下から登った登山者はおそらく1割にも満たないだろう。

DSCF2182.jpg
 ガスっているが時折晴れて下界が見渡せ、登山者から一斉に歓声が上がる。12:35下山に取り掛かるが大渋滞。


DSCF2192.jpg
 13:20、八合目まで降りて来た。ここから山腹を覗くが紅葉の見頃にはまだ早い。


DSCF2197.jpg
 再びブナ林歩きを楽しんでいると、14時過ぎに雨が降って来た。朝の予報より2時間ほど早い。おまけに登山道の路面はツルツル、足を滑らせて2度転倒し、手をついて手首を痛めてしまった。14:40無事登山口に到着。
 この山、次は積雪期に来てみたい。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

鳥海山雪渓調査’17ー9月編

 9月10日、恒例の雪渓調査に出かけた。例年8月と10月の10日頃の調査だが、今年は精密に測量をするとのことで、中間のこの日も測量することに。調査メンバーは隊長G氏、元A大教授のK氏に自分を加えた3人。ギリギリのメンバーだ。高3で部活が終わり、休日はいつも暇そうにしている長男に手伝いを依頼したが、あっさりと断られた。; ̄ロ ̄)!
DSCF2088.jpg
 二人は前夜祓川ヒュッテに前泊して早く出かけたので後を追う。7:45祓川を出発する、風は強いが青空が広がる好天。


DSCF2090.jpg
 8:15、賽の河原到着。風が強く山頂がガスで見え隠れする。9月だというのにまだここの雪渓が残っている。8:50、八合目付近にある目的の雪渓に到着、先ほど着いたばかりという二人と測量を始めた。しかし作業を始めて間もなく雷鳴が轟く。まずいな、と思っていると雨粒が落ちてきた。慌てて七ツ釜の避難小屋へ駆け込む。早めの昼食をとり雷雲が過ぎるのを待った。


DSCF2094.jpg
 11:30、スマホの雨雲レーダーで雷雲が去ったことを確認、ザックを小屋にデポして再度現場へ向かう。


DSCF2095.jpg
 最大斜度30°程の斜面を何度も登ったり降りたりして測量する。これが結構きつい。6本爪アイゼンが効いた。全ての作業が終わったのは16時半過ぎ。小屋に戻って休憩後下山する。


DSCF2100.jpg
 雪渓の近くには、まだアオノツガザクラの群落が残っていた。賽の河原まで降りるともう17:50、ヘッデンをつけて降りる。祓川まで降りたのは18:20だった。あの雷で1時間以上はロスしてしまった。疲れたわ。(-。-;)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



投稿ハガキが読まれた!〜中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ〜

 8月20日(日)深夜放送ののラジオ、ニッポン放送「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」で、投稿したハガキが見事読まれましたっ! ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ


 20分過ぎ、「金色の選曲シリーズ」をお聞きくだされ。もっと色々書いたんだけど、編集でカットされていますな。

オヤジの挑戦、リベンジ

 8月20日(日)、二週間前の「オヤジの挑戦」に再度チャレンジする日がやって来た。前回の反省を踏まえ5:50祓川を出発する。気温も平年並みだ。カメラも一眼レフはやめ、コンデジのRICOH GRを装備する。

 準備をしていると同じ本荘山の会のH氏とばったり。今日はガイド役で登るとのこと。祓川からはガスの中。しばらく行くとやはり本荘山の会のT氏と会い、二週間前のリベンジだと告げ先を急ぐ。

R0013836.jpg
 6:15六合目着、さすがに二週間前よりは雪が少ないが、この時期としてはかなり多い雪。

R0013839.jpg
 6:30、七合目着、結構いいペースだ。

R0013844.jpg

R0013847.jpg
 7:00、八合目着、雲海の上に出たようだ。秋の気配が漂う青空だ。

R0013853.jpg

R0013850.jpg

R0013867.jpg
 今日はさすがに康新道ではなくノーマルルートを行く。道の脇にはイワイチョウやアオノツガザクラ、ヒナザクラの群落が多い。

R0013868.jpg
 7:30、九合目、氷の薬師到着。

R0013874.jpg
 マルバシモツケ

R0013875.jpg
 舎利坂と雲海

R0013880.jpg
 8:25、七高山到着。ここまで2時間半、いいペースだ。

R0013883.jpg
 写真を撮ってもらい、行動食を口にすると外輪山を降りる。

R0013900.jpg

R0013894.jpg
 外輪山に咲く花々、ハクサンシャジン、ヤマハハコ、チョウカイフスマ。

R0013901.jpg
 9:50、扇子森

R0013905.jpg
 10:10、御浜通過。

R0013909.jpg
 そして11:05、鉾立到着。祓川を出発してから5時間10分、いいペースだ。無理やり自撮りする。おにぎり2個をお茶で腹に流し込み、ハイドレーションの水を1ℓ補給すると、到着20分後に再出発だ。

R0013912.jpg

R0013916.jpg
 賽の河原に咲くニッコウキスゲと咲き終わったチングルマ。長距離(長時間)歩くコツは心拍数を上げないこと。自分の場合130bpmを超えないペースを維持することだ。

R0013921.jpg
 12:50、2度目の御浜。帰りは行きとは違った景色が見えるものだ。ハクサンフウロが目についた。

R0013923.jpg
 御浜から山頂方面に目をやるがガスが濃い。

R0013928.jpg
 13:10、再び扇子森の登り。足はまだまだ大丈夫。

R0013938.jpg
 13:30、七五三掛、ここから千蛇谷ルートを行く。正面に迫る荒神ケ岳と外輪山。

R0013937.jpg
 外輪山の内側にはまだ多くの雪がへばりついている。大物忌神社小屋まであと少し、かなりきつくなってきた。14:45神社小屋到着。

R0013945.jpg
 一休みし、ザックをデポしてカメラとミニミニ三脚を持ち新山へ登る。15:05新山山頂到着。

R0013940.jpg
 新山から七高山を望む。まだ誰かいるようだ。

R0013947.jpg
 いつも新山まで来るのはほとんど積雪期のみ、夏場に登るのは結構めんどくさいなあと改めて感じた。何枚か写真を取るとすぐに下山。

R0013948.jpg
 胎内くぐり、山頂小屋に泊まる登山者がやってきたようだ。小屋まで降りると再び七高山への急坂を登る。この日一番足にきた登りだ。

R0013949.jpg
 15:45、七高山到着。当然誰もいない。証拠写真だけ撮りすぐに下山にだ。ストックを出し、四足歩行で慎重に降りる。ここで怪我などしては元も子もない。誰もいない、声を出して自分自身に気合を入れた。下山途中は写真を撮ったり記録を取る余裕はなし。

R0013951.jpg
 18:00、やっとの事で祓川に到着した。出発してからほぼ12時間。とうとうやった!体はもう疲労困憊である。来年もやるかって?もうやらねぇ!(*´ρ`*)


IMG_0409.jpg  IMG_0410.jpg
 先日から使っている活動量計POLAR A370の記録を見てみよう。画面は同期しているiphone5cの画面である。満充電でスタートしたが、途中電池切れで10時間分、ちょうど帰りに七高山へ戻ったところまでしか記録されていなかった。心拍数もほとんどが130bpm以下にコントロールされていることがわかる。


IMG_0408.jpg
 スマホのGPS機能を使って、移動経路も記録される。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村






google

プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
山と自転車と写真が大好き。
本荘山の会 サンデーライダーズ所属
好きな山:鳥海山、焼石岳、栗駒山
秋田駒ヶ岳etc.
高3、小6、小4の三児の父親、中島みゆきファン歴4年。気がつけば50半ば、仕事と家事に追われ、山や自転車から遠ざかり気味なのが悩み。
05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置設置、SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw
尊敬する人物:アインシュタイン、R.P.ファインマン(物理学者)

最新記事
最新コメント
人気ブログランキング
びんちゃんカウンター
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
びんちゃんの本棚
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazon